本格的な塗り絵をアプリで!「メディバンぬりえ」誕生

海外WEB

本格的な塗り絵をアプリで!「メディバンぬりえ」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
色鉛筆や水彩筆で描いているような本格的塗り絵体験を実現
無料のマンガ制作アプリ「メディバンペイント」、マンガおよび小説の投稿サービス「メディバン」などの運営・提供で知られる株式会社MediBang(メディバン)は27日、誰でも本格的な塗り絵体験が楽しめるアプリ「メディバンぬりえ」をリリースした。対応OSはAndroid 4.2以上で、Google Playから無料で入手できる。

「メディバンぬりえ」は、初心者から上級者まで、画面上でリアルな塗り絵体験ができるアプリ。全機能とベースのイラストが無償提供されており、手軽に自分なりの塗り絵作品を作ることができる。

リリース時点で楽しめる塗り絵は200種類以上と豊富に用意されているほか、今後も随時追加していくとされているため、好みのものを選んで飽きずに楽しめる。ブームとなった“大人のぬりえ”スタイルのものから、メディバンならではのキャラクターぬりえまで、幅広く収録されている点もうれしい。

本格的塗り絵アプリとして、一般的塗り絵アプリとは一線を画し、タップした範囲が全て一様に塗られる「バケツ」ツールで描いていくだけでなく、指でなぞった範囲のみを塗っていくことができ、色鉛筆や水彩筆で描いたような作品に仕上げられる。ブラシは「ペン」や「筆」のほか、「クレヨン」、「エアブラシ」、「グラデーション」などが利用できる。

メディバンぬりえ
写真などからオリジナル塗り絵を作ることも可能、作品は投稿・公開して共有しよう!
彩色して完成した塗り絵作品は、アプリ内で投稿し、「メディバンぬりえ」の他ユーザーに公開・共有することができる。またSNSでより広く公開することも可能だ。他ユーザーの作品を閲覧すれば、自分では思いもつかなかった色使いや塗り方のスタイルを知り、次の塗り絵へのインスピレーションを得られるかもしれない。

「メディバンぬりえ」では、収録されている塗り絵に色をつけて楽しむだけでなく、自分でオリジナルの塗り絵を作ることもできる。ペンなどで直接絵を描き込み、画面上で作成していくほか、端末カメラで撮影した写真からの取り込みによる塗り絵作成にも対応している。作成した塗り絵ベースを投稿し、世界中のユーザーに彩色してもらうといったこともできる。

絵を描くのが苦手という人も、より本格的な色つけを行いたい中級者・上級者も、誰もが創作を楽しめる塗り絵アプリとなっている。関心のある人は、まず一度チェックしてみては。

(画像はGoogle Play「メディバンぬりえ」アプリプレビュー画面より)


外部リンク

株式会社メディバン プレスリリース
https://medibang.com/press/381

Google Play 「メディバンぬりえ」
https://play.google.com/

Amazon.co.jp : メディバンぬりえ に関連する商品
  • 「さくらのレンタルサーバ」、無料SSL証明書「Let's Encrypt」簡単設定機能をリリース(10月11日)
  • 日本エイサー、Windows Mixed Reality空間を体験できるヘッドセットを発売へ(10月10日)
  • 「TopicRoom」、手軽で安定的なオンラインビデオ会議機能搭載へ(10月9日)
  • おにぎり写真のSNS投稿で社会貢献!FiNCがキャンペーンを開始(10月8日)
  • Amazon、プライム会員向け読み放題サービス「Prime Reading」を開始(10月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->