ネットベンチャーニュース
2017年04月29日(土)
 ネットベンチャーニュース

オレガ、エンドユーザーが復元機能などを使えるゲートウェイ製品を発表

国内WEB
海外WEB
新着30件






























オレガ、エンドユーザーが復元機能などを使えるゲートウェイ製品を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセス権限をもつコンテンツなら自由に復元可能!
株式会社オレガは13日、仮想ストレージソフト「VVAULT」向けのゲートウェイ製品「VVAULT TMS」と、その専用ファイルブラウザとなる「VVAULT Explorer」を開発したことを発表、同日より公式サイトでのダウンロード提供を開始した。

「VVAULT」は、システム管理者の効率的かつ安全なストレージ運用・管理をサポートするツール。Windows上にマウント可能なあらゆるストレージを1つに統合し、大容量の仮想ストレージを手軽に構築できるほか、ティアリングやバックアップ、レプリケーションの各機能、ライブマイグレーション機能など、実用的で高度な機能群を用いることができる。

この「VVAULT」には、仮想ドライブのデータ変更履歴を継続的に記録・保存し、過去の任意の時点における状態を即時に復元できるようにするContinuous Data Protection(CDP・継続的データ保護)機能、「VVAULTタイムマシーン」が搭載されており、これまで管理者向けに提供されてきた。

しかし、ユーザー数が1,000人を超えるような大規模組織においては、情報システム部門がエンドユーザーから寄せられる個々の要求に基づき、ひとつひとつファイルやフォルダを復元操作・管理するというスタイルでは、スムーズな運用が行えなくなることから、エンドユーザー自身に復元操作を可能とさせられる機能が求められるようになっていたという。

こうした要望を受け、オレガは今回、「VVAULT TMS」と「VVAULT Explorer」の提供を決めた。これを組み合わせて用いることで、エンドユーザーが社内外から直接、「VVAULT TMS」を通じて複数の「VVAULT」サーバーに接続、アクセス可能な権限を与えられているファイルやフォルダであれば、履歴にアクセスして自由に復元することが可能となる。

VVAULTTMS
暗号化通信で安全性も確保、さらに管理を効率化!
エンドユーザーが操作を行うことになるファイルブラウザの「VVAULT Explorer」と、ゲートウェイの「VVAULT TMS」間における通信は、サーバー証明書を用いたSSL暗号化を施したものとなるため、各ユーザーがインターネットを介してファイルサーバーへアクセスする場合でも、安全性を確保して操作可能な状態を作り出せる。

対応OSは「VVAULT TMS」が、Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016、「VVAULT Explorer」は、Windows 7/8.1/10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016となる。

「VVAULT TMS」に適用されるライセンス体系「VVAULT TMS License 1.0」では、これまで「VVAULT」に適用されてきたサブスクリプション型のサーバーライセンス「VVAULT TMS Professional」に加え、「VVAULT Explorer」を利用するユーザー数に応じて必要となる「Explorer CAL」を新たに設定、こちらは更新不要の永続ライセンスとし、ユーザー数単位でカウント提供する。よって同一ユーザーが複数のデバイスを用いる場合でも、「Explorer CAL」ライセンス数は1個を用意すればよい。

「VVAULT TMS License 1.0」の価格は、レポートメールや操作ログダウンロード、フォーラム機能などに限定される「Basic」の場合は無料で、複数VVAULTサーバーの登録やテクニカルサポートなどまで全機能・サービスが利用できる「Professional」は年額200,000円となる。「Explorer CAL」は100個単位での販売となり、永続ライセンスで100,000円だ。

オレガでは今後、さらに「VVAULT Explorer」をファイルのアップロードにも対応させ、インターネット経由の簡単かつセキュアなファイルサーバーアクセス環境を提供するほか、iOSおよびAndroidのモバイル端末向けブラウザアプリについても開発し、現場で便利かつシームレスに活用できる環境の実現に努めていくとした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社オレガ プレスリリース
http://www.orega.co.jp/news/2017/170313.html

「VVAULT」 製品公式サイト
http://vvault.jp/

Amazon.co.jp : VVAULTTMS に関連する商品
  • “働き方改革”にもAIの波!最適な人材マネジメントを実現するサービスが誕生(4月28日)
  • OKWAVE、格安スマホサポート向けのAIコンシェルジュを提供へ(4月27日)
  • ヤフーのIoT PF「myThings Developers」、正式版がリリースに(4月26日)
  • 初めての土地の観光もスムーズに!「MapFan」が「巡回ルート検索」を追加(4月25日)
  • 楽天、総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始(4月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->