ネットベンチャーニュース
2024年02月22日(木)
 ネットベンチャーニュース

Google、絶滅危機の言語を保存するプロジェクトを公開

国内WEB
海外WEB
新着30件






























Google、絶滅危機の言語を保存するプロジェクトを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の多様な言語文化を守る
米Googleが現地時間の21日、世界において絶滅の危機にある言語を保存するための新プロジェクトを開始したと発表した。「Endangered Languages Project」と名付けられた公式サイトが公開されている。

近年、急速なグローバル化にも伴って、多くの地域特有の言語が消滅の危機にある。話し、理解することのできる世代がいなくなっているのだ。こうした絶滅危機の言語は、数にすると全言語の半数を占めるという。言語はその文化においてきわめて重要な役割を果たすものであり、その消滅は言語のみならず、文化自体の継承を著しく困難にしてしまう。言語の保存は、世界の多様性を維持するうえで、非常に重要だ。

EndangeredLanguagesProject
インターネット普及の負の側面でも
Googleの公式ブログでは、アメリカ中西部のネイティブアメリカンの言語を一例として挙げ、その最後のネイティブスピーカーが1960年代に死亡したことを伝えている。同様の状況に置かれている言語が、現在世界に3000以上あるそうだ。そこから失われてゆくものの大きさは計り知れない。

プロジェクトは今後、数か月内にその統括を専門家にゆだねるとしている。具体的には、先住民族文化評議会が活動面の指揮をとり、東ミシガン大学の言語情報技術研究所が技術管理を行うという。

社会貢献活動として行われているこのプロジェクト。Googleもまたその大きな役割を果たしたインターネットの普及は、世界において英語を中心とした主要言語の優位性、必要性を色濃くし、地域少数言語の絶滅をはやめたという負の側面をもっているともいえる。

よって、こうした活動を起こすことは、インターネット界を率いる存在として行うべきサポートであり、評価できる行動といえるだろう。

外部リンク

Google Official Blog
http://googleblog.blogspot.jp/2012/06/endangered-languages-project-supporting.html

Endangered Languages Project
http://www.endangeredlanguages.com/
Amazon.co.jp : EndangeredLanguagesProject に関連する商品
  • 手元にマイナンバーカードが無くともdアカウントの本人確認が可能に(2月19日)
  • 災害時避難要支援者をサポートするサービスがリリース(2月19日)
  • Blueskyが招待制を終了、Xからの乗り換え進む?(2月10日)
  • コンクリート再利用で二酸化炭素排出量低減に成功(2月6日)
  • 楽天証券、自然な会話と対応ができる「投資相談AIアバター」を開発(1月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->