ネットベンチャーニュース
2019年05月21日(火)
 ネットベンチャーニュース

MISとJPRSが国内初の新gTLD運用支援サービス提供へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























MISとJPRSが国内初の新gTLD運用支援サービス提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
注目の新gTLD運用、初の国内事業者による支援枠組みが誕生
株式会社ミライト情報システム(MIS)は、インターネット上のドメイン管理等を行う国際組織ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)より、4月24日付で、日本国内では初めてとなる新gTLDに関するデータエスクローエージェントの認定を受けたと発表した。

MISはこの認定を受け、レジストリサービスプロバイダである株式会社日本レジストリサービス(JPRS)と協業し、初の日本国内事業者のみによる新gTLDの運用支援が可能な枠組みを構築、新gTLDの開設から運用支援を行うサービスの提供を開始した。両社はレジストリ事業を開始する企業・団体をサポートしていく。

gTLD
gTLD
国内でドメイン名など登録情報の預託が可能に
gTLDとは、「.com」や「.net」といった分野に応じたトップレベルドメインのこと。これまでICANNにより、その創設には一定の上限が設けられてきたが、2012年の募集では従来の条件が廃止され、要件を満たした申請希望者には、原則創設を認めることとなった。これにより、社名やブランド名、地名などを用いた新gTLDの申請が続いている。

MISが認定を受けたデータエスクローエージェントというのは、ドメイン名の登録情報を預託する第三者組織のことで、新gTLDのレジストリは、このICANNが認定するデータエスクローエージェントに登録情報を預託するよう義務づけられている。登録情報を預託しておけば、登録管理業務を行う組織が別組織に移管した場合でも、そのドメイン名の登録管理業務が確実に継続できる。

これまでこうした認定エージェントは海外事業者のみだったが、MISが認定されたことで、レジストリ事業者などが日本国内でデータ預託を行うことが可能となった。

今後は、MISがデータエスクローエージェントとして、JPRSがレジストリサービスプロバイダとして、新gTLDの申請・運用の相談および支援など、国内のさまざまな要望に応えていくとしている。


外部リンク

株式会社ミライト情報システム プレスリリース
http://www.miraitsystems.jp/news/pdf/

株式会社日本レジストリサービス プレスリリース
http://jprs.co.jp/press/2014/140425.html

ICANN
http://www.icann.org/

Amazon.co.jp : gTLD に関連する商品
  • ついにマンション管理人もAIに!?最新のライオンズシリーズ物件が導入(5月13日)
  • 超低コストなAIホームセキュリティカメラ「SimCam」(5月6日)
  • 三井住友カード、法人キャッシュレス化支援の新ソリューションを発表(4月25日)
  • BCやAIが支える新たな音楽制作の現場!「soundmain」(4月7日)
  • ローソンが深夜の無人営業実験へ(4月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->