ネットベンチャーニュース
2021年06月19日(土)
 ネットベンチャーニュース

人工衛星データを漁場予測に利用する研究が開始される

国内WEB
海外WEB
新着30件






























人工衛星データを漁場予測に利用する研究が開始される

このエントリーをはてなブックマークに追加
潮目や河川プルームが発見可能に
2020年12月3日、株式会社アクセルスペース、株式会社オーシャンアイズ、京セラ株式会社は人工衛星データを基に、良い漁場の予測を行う研究を共同で行うと発表した。

従来、気象衛星のデータを基に解析を行ってきたが、画像の解像度が悪いため海洋状況の詳細が分かりにくかった。

今回は、気象衛星よりも高解像度の画像取得が可能な、地球観測衛星の画像データを利用することで、海洋上の潮目や河川の河口部に生じる河川プルーム(濁り)を見つけ、魚やプランクトンが集まる場所を推定することが可能となる。
漁場予測


経験者不足による漁場予測が困難に
従来、漁場の予測に関して、経験豊富な漁業関係者が多数いたため、様々なデータを基に経験や勘を加味し、良い漁場の特定につなげていた。

しかし、現在では漁業関係者の高齢化や後継者不足により、漁場予測が難しくなり漁獲高も減少している。

この問題を解決するため、経験を頼りにせずとも、衛星などからのデータを基に、良い漁場を予測する方法が必要とされてきた。

コンピュータでの解析により、潮目や河川プルームの発生を予測することが可能となるため、チャンスを逃すことが減ると考えられている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社オーシャンアイズ
https://oceaneyes.co.jp/

Amazon.co.jp : 漁場予測 に関連する商品
  • 大学とIT企業が量子コンピュータ普及に向け協定を締結(6月18日)
  • 自動車メーカー系ベンチャーが、視覚障碍者向けナビを開発する(6月16日)
  • ベンチャー120社が5分プレゼンを展開。「ものすごいベンチャー展」7月開催(6月13日)
  • サムライインキュベート、ヒューマンエラー防止システムのCorrActions社に出資(6月12日)
  • 「SOKUYAKU」に新機能「来店予約機能」追加(6月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->