ネットベンチャーニュース
2019年09月20日(金)
 ネットベンチャーニュース

いよいよ宅配ロボも身近に?「CarriRo Deli」に新色、実証実験も

国内WEB
海外WEB
新着30件






























いよいよ宅配ロボも身近に?「CarriRo Deli」に新色、実証実験も

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな物流課題のラストワンマイル問題などに光
株式会社ZMPは12月27日、宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」の新色となるブルーカラーモデルを発表した。レッド、シルバー、イエローに続くもので、イエローと同様、ZMPが販売していた家庭用二足歩行ロボット「nuvo」と同カラーを採用しているという。

この宅配ロボット「CarriRo Deli」の実用化を目指す取り組みについては、慶應義塾大学SFC研究所、株式会社ローソンと共同で国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募した平成29年度の「AIシステム共同開発支援事業」へ「AIを活用した安全確実な宅配ロボットシステムの開発及び実証」に関する提案として提出、採択されている。

これにより今回、2019年1月から、慶應義塾大学SFC研究所のキャンパス内において、国内では初となるコンビニ宅配サービスでの実証実験を行うことも明らかにされた。

CarriRoDeli
愛らしいデザインも魅力!日々の買い物サポートにも
「CarriRo Deli」は、ZMPが自動車自動運転技術の開発で培った自律移動技術を応用し、ボックスを搭載して歩道を自動移動する宅配ロボットとして生み出したもの。ロボット本体とともに、買い物客用・店舗用アプリ、ITサービスまでワンストップで開発設計されており、すでにパッケージ提供する準備が整えられている。

ボックスに荷物をセットすると、カメラやレーザーセンサーによって周囲環境を360度的確に把握しながら進み、目的地まで届けてくれる。

搭載するボックスは用途に応じて変更可能な取り替え式ロッカーで、スマートフォンの注文画面に表示させたQRコードを読み取り、受け取り者を認識してロッカーの鍵を解除する。最大積載量は50kg、最高時速6キロで、5センチの段差に対応、4G/Wi-Fiで通信する仕様となっている。

全体に愛らしいコンパクトなデザインとなっている点や、フロントの目の部分にあたるところや後部のタイヤ上部分に複数のパターンを表示できるLEDパネルをUIとして搭載している点も特徴で、親しみやすい表情を出すなど、社会に溶け込むロボットの姿が目指されている。

年々深刻化する物流・運送業界におけるラストワンマイル問題の解消に寄与すると考えられるほか、日々の買い物をサポートする目的でも活用できると見込まれる。ZMPではさらに、クリーニングの集配や移動店舗、見回りといった用途での利用も想定している。

今回、発表された大学キャンパス内での実証実験では、注文から受け取りにいたるまでの一連の動作におけるスマート化も図り、無人でのラストワンマイル配送運用を、実際のシーンで検証する。

買い物難民や物流の問題に、効率化と自動化をもって対応、楽しく、安全で便利なライフスタイルを創造していきたいとするZMPの取り組みに期待が集まる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ZMP ニュースリリース(プレスリリース)
https://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20181227

「CarriRo Deli」 特設サイト
https://www.zmp.co.jp/products/carriro-delivery

Amazon.co.jp : CarriRoDeli に関連する商品
  • 「OWNERS」、サービス名を社名の「ukka」に変更しフルリニューアル(9月16日)
  • 聴診器をデジタル化!約200年ぶりの進化に?(8月9日)
  • スマートリモコンのNature、大型資金調達でエネルギー事業へ本格参入も(8月4日)
  • SmartHRが約61.5億の資金調達に成功、今秋には新分析ツール提供へ(7月23日)
  • JR東日本、簡単・便利な「スマホ定期券」モニタリングを実施へ(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->