ネットベンチャーニュース
2018年11月15日(木)
 ネットベンチャーニュース

「ヤフオク!」、出品者負担で送料を全国一律化するサービスを開始へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























「ヤフオク!」、出品者負担で送料を全国一律化するサービスを開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
全国一律で分かりやすい!使いやすい!
ヤフー株式会社は7日、同社が運営するネットオークション・フリマアプリの「ヤフオク!」において、全国一律の送料で発送が行えるサービスを10月16日より提供開始とすることを明らかにした。出品者負担に設定することで、サイズが同じならば同一料金でのやりとりが可能になる。

対象となる配送方法は、「ヤフネコ!パック」の「ネコポス」、「宅急便コンパクト」、「宅急便」、「ゆうパック(おてがる版)」、「ゆうパケット(おてがる版)」。これらの中からいずれかを選択し、送料を出品者負担に設定すると、サイズごとに決定される同一料金で、日本全国どこの地域へも発送することができる。

送料がサイズ別の全国一律料金となることで、出品者は商品が落札された際、落札者への送料連絡などを個別に行う必要がなくなり、よりスムーズに取引を進められるようになる。また落札者側は、価格に送料が一律料金で含まれるため、送料を気にすることなく、入札、落札した価格で商品を購入可能となる。

ヤフオク
遠方配送は超お得!最大71%オフに
ヤフーによると、今回の全国一律料金による配送サービスは、通常料金との差額を「ヤフオク!」が負担することで実現させるといい、北海道や沖縄など遠方への発送になる場合、これまでに比べ大幅に安く利用できるとしている。

たとえば北海道から沖縄へ120サイズの荷物を「ヤフネコ!パック(宅急便)」で配送すると、通常3,456円の送料がかかるが、この配送サービスを使った場合、全国一律1,000円となるため、71%も安くなる計算になる。

なお、全国一律の送料による配送サービス開始とあわせ、配送会社の値上げを受けた、送料を落札者負担に設定した際の料金改定も実施するとし、そちらの詳細な料金案内も開始した。

出品者負担に設定することで送料を全国一律化できる、今回発表された新配送サービスの対象となる「ヤフネコ!パック」各種、「ゆうパック(おてがる版)」、「ゆうパケット(おてがる版)」は、いずれも出品者・落札者の双方が、互いの住所や名前などの個人情報を明かすことなくやりとりできる「匿名配送」対応となっているため、これと組み合わせれば、プライバシー面の不安を感じる人もより利用しやすい仕組みになると考えられる。

ヤフーでは、さらにこの全国送料一律サービス開始を記念し、該当する送料出品者負担、「ヤフネコ!パック(ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便)」、「ゆうパック(おてがる版)」、「ゆうパケット(おてがる版)」の利用を行った出品者を対象に特典を付与するキャンペーンも実施する予定とした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヤフー株式会社 プレスリリース
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/09/07b/

Amazon.co.jp : ヤフオク に関連する商品
  • 「人事労務freee」がSlackと連携、より使いやすく!(11月8日)
  • コールセンター向け自動応答サービスの発話認識率が大幅アップ!(10月28日)
  • 貸出も返却もタッチパネル操作だけ!まさに未来系な無人図書館(10月19日)
  • 手と顔、スマホでOK!より安全・便利な手ぶら決済を叶えるPBI技術(10月12日)
  • ピクシブ、3Dキャラを投稿・利活用できる「VRoid Hub」を発表(9月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->