ネットベンチャーニュース
2020年08月10日(月)
 ネットベンチャーニュース

「目視」に代わる、“極稀過検出”検査カメラを発売へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























「目視」に代わる、“極稀過検出”検査カメラを発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
熟練技術者に頼る現場の救世主
IoTやクラウド(クラウドコンピューティング)、AI(人工知能)など、数々の先進的な技術が導入されている現代の製造現場においても、熟練の技術者による「目視検査」に頼らざる得ない現場は多い。一方で、こうした熟練の技術者から次の世代への技能伝承が、製造現場における喫緊の課題であることも紛れもない事実である。

こうした問題の解決に挑む企業がある。監視カメラなどのセキュリティー事業やドラレコなどのアフターマーケット事業、検査カメラ・AIシステムなどのFA関連事業を手掛けるセンスシングスジャパン株式会社だ。

同社は、2020年10月より検査カメラ“MOQSEE”(モクシー)を発売することを発表した。同製品は、これまで同社が蓄積してきたイメージングテクノロジーのノウハウを結集し、高機能でありながら操作性にも優れた独自開発の検査カメラだという。

検査カメラ
高機能でありながら操作性にも優れる
製造現場における目視点検は、「見る」だけではない。見て「正しく判断する」必要がある。

“MOQSEE”は、名前の通り「目視」をコンセプトに、人の目の代わりとなることを目的に開発されたが、「判断」の部分においても、過検出や虚報が極めて稀だという。もちろんその「目」が優秀なことは当然で、極小部品も認識可能である。

さらに、設定や運用は非常にシンプルで容易だといい、今後正確で安定した点検業務、品質管理業務をサポートするツールとして、幅広いジャンルでの活躍が期待される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

センスシングスジャパン株式会社 プレスリリース
https://sensethingsjapan.co.jp/news/340/
Amazon.co.jp : 検査カメラ に関連する商品
  • 分譲マンション住まいのメリットもシェアリングの時代?!「シェアコム」誕生(8月9日)
  • オンラインで開催する「図書館マルシェ」8月分の募集開始(8月9日)
  • 500円で学べるオンライン学習サービス「スタディメーター」開始(8月8日)
  • 自動集客、ハンコ不要、月極駐車場もIT化へ(8月8日)
  • 日鉄興和不動産、DNX Venturesの3号ファンドに10億円出資(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->