ネットベンチャーニュース
2020年09月29日(火)
 ネットベンチャーニュース

「JapanTaxi」と「MOV」、統合で9月からは「GO」に!

国内WEB
海外WEB
新着30件






























「JapanTaxi」と「MOV」、統合で9月からは「GO」に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー呼ぶなら「GO」!
株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)は7月29日、同社が運営するタクシーアプリ「JapanTaxi」と「MOV」の統合に伴い、新たなタクシーアプリ「GO」を9月にもリリースすると発表した。全国約10万台のタクシーと提携し、より汎用性・利便性を増したサービスとして充実化を図る。

リリース時点では首都圏、京阪神を中心とした、全国17エリアが対象になるが、順次エリア・機能の拡充を進め、日本最大級のどこでも利用できるタクシーアプリのスタンダードを目指していく方針だ。

「JapanTaxi」は、全国47都道府県、約7万台をネットワークし、英語や中国語(簡体字・繁体字)、韓国語にも対応したタクシーアプリとして定評を得てきた。即時配車や予約配車、空港定額利用などの機能をもつほか、支払い手段の事前登録によるネット決済や、車載タブレットでのQRコード決済「JapanTaxi Wallet」といったキャッシュレス決済をサポートし、現代の生活に合った便利なタクシー文化を支えてきている。

また「MOV」は、東京都、埼玉県、神奈川県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県の全国7エリアにおける提供ながら、乗りたい時に確実につかまえられ、安心してスマートに利用できるタクシー環境を、テクノロジーにより整備・提供してきた。

配車決定後の行き先設定や、来てくれるタクシー運転手との音声通話、車内での支払いを不要とする事前登録によるネット決済、車載タブレットでのネット決済といった機能がある。

GO
便利なタクシーの利用スタイルを今だからこそ提案
新たなアプリとなる「GO」は、「MOV」をベースにしたもので、「MOV」提携タクシー車両に加え、「JapanTaxi」アプリ提携のタクシー車両に対する配車注文も可能になるという。

乗車を希望するユーザーには、車両とのリアルタイムな位置情報連携と、高度な配車ロジックにより、高いマッチング精度を実現させ、より待たずに、いつでもどこでも“早く乗れる”体験を、ストレスのない足の提供を進めていく。

MoTでは、当初「GO」のリリースを2020年度後半と予定していたが、コロナ禍で多大な影響を被った全国のタクシー事業全体の回復に貢献すべく、少しでも早くリリースすることを決めたという。

新しい生活様式が求められる今、道でなかなか見つからないタクシー、つかまらないタクシーに困るといった不便さを解消し、キャッシュレス決済の安全・安心も提供することで、多様な移動ニーズをもった一般生活者とタクシー運行を行う乗務員・業界関係者の両者をサポートするアプリサービスとする計画だ。

まずは全国17エリアに限定しての提供となるが、移動ニーズが高まる年末に向け、全国的なサービス展開を予定している。

なおタクシーアプリ運営について、MoTでは今後この「GO」に一本化する方針だが、一定期間は「GO」と並行して「JapanTaxi」アプリのサービス提供も継続する。「JapanTaxi」については、サービスの終了時期が正式に決定した時点で、アプリユーザーらに迷惑がかかることのないよう、適切な情報提供を行っていくとした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社Mobility Technologies プレスリリース
https://mo-t.com/

Amazon.co.jp : GO に関連する商品
  • オンラインで子どものための声優オーディションを無料開催(9月28日)
  • 医療機関同士の連携をスムーズに、「ヘルスケアパスポート」を提供開始(9月28日)
  • 開発支援を受けられる大学発ベンチャー選定学校が発表される(9月28日)
  • 冷凍パンの定期便「パンスク」、11月よりプレゼント機能の追加を発表(9月28日)
  • NEC、「次期地球シミュレータ」を受注(9月28日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->