ネットベンチャーニュース
2020年09月26日(土)
 ネットベンチャーニュース

分譲マンション住まいのメリットもシェアリングの時代?!「シェアコム」誕生

国内WEB
海外WEB
新着30件






























分譲マンション住まいのメリットもシェアリングの時代?!「シェアコム」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
日鉄興和不動産のラボとカスタメディアが開発
日鉄興和不動産株式会社の運営する、シングルライフのための暮らしと住まいの研究所「+ONE LIFE LAB」(プラスワンライフラボ、以下「ラボ」)と、株式会社カスタメディアは7日、分譲マンションで初となる住民間のシェアリングエコノミーツール「シェアコム」を開発したと発表した。日鉄興和不動産が12月より販売を開始する「リビオレゾン松戸ステーションプレミア」に導入するという。

「シェアコム」は、分譲マンションの住民間で、“モノ”の貸し借りや売買を進めるほか、各住民がもつ“スキル”のシェアリングも促し、共に生活するメリットを最大限に引き出しながら、豊かでスマートな次世代の暮らし方を提案するツール。カスタメディアが手がけるマンションコミュニティ特化型のシェアリングエコノミーツール「Condo Sharing」をカスタマイズするかたちで生み出された。

急速に浸透したシェアリングエコノミーの考え方を活かし、トラブルを回避しながら、住民同士の交流・コミュニティの醸成も促す。

シェアコム
対価支払いには安心のエスクロー決済を導入、困り事はみんなで解決!
例えば、あまり使用頻度が高くなく、所有しておくには場所もとりがちな「アウトドアグッズを借りたい」、「ウィンタースポーツに出かけるので必要道具を手に入れたい」といったシーンや、「誰かに英語を教えてもらいたい」、「犬の散歩を頼みたい」ときなど、住民がその“お願い事”や“困り事”の内容を、案件として具体的に書き込む。

同じマンションの住民で、その要望に応えられる人は、その旨応募登録を行う。互いにメッセージを交換し、マッチング成立となったら、対価を支払ってモノやスキルのやりとりを完了させる。すべての取引プロセスが終了したら、相互評価をつける仕組みもある。

対価支払いには、売り手と買い手の間に第三者を介在させ、取引の信頼性を担保するエスクロー決済を導入、安心してサービスを利用できる仕組みを整備するという。

1世帯で3つのアカウントまで取得可能で、チャット機能やポイント利用の仕組み、お気に入り登録、Q&Aなどの機能も搭載される。

住民ならばアクセス可能なポータル上でのコミュニケーションとなり、該当住民は手持ちのスマートフォンなど、個人所有のデバイスからいつでもアクセスできる。

「シェアコム」の導入が決まっている「リビオレゾン松戸ステーションプレミア」では、住民が共同で使える「シェアスペース」が設けられ、空間の共有も図られるという。共同でのフィットネスやヨガ教室の開催、パーティー・イベントや映画鑑賞、共同学習などの場としての利用が想定されている。

また、“モノ”のシェアリングにおいては、マンション内に設置した宅配ボックスの一部をシェアボックスとして住民間で活用することも計画されているという。

同じ居住空間を共有するマンションの住民同士を、エコでスマートな、無駄のないシェアリングでつなぎ、“モノ”も“スキル”も“空間”も、気軽に安心して共有できる、豊かな暮らしのコミュニティを作る「シェアコム」、新たなマンション暮らしの価値として注目されるだろう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

日鉄興和不動産株式会社 ニュースリリース一覧
「+ONE LIFE LABとカスタメディアが共同開発 分譲マンション初!住民間のシェアリングエコノミーツール「シェアコム」誕生」
https://www.nskre.co.jp/company/news/index.html

Amazon.co.jp : シェアコム に関連する商品
  • マスクをつけたままでもOK、高精度の顔認証エンジンを開発(9月25日)
  • ネット広告で安定的な収益を確保しませんか?(9月25日)
  • 預貯金照会業務のデジタル化に向けた実証実験を開始(9月25日)
  • 副業マッチング「Skill Shift」、大阪市の中小・ベンチャー企業を人材面で支援(9月25日)
  • 日本初のチームマッチングサービス、「Crewto」β版の提供開始(9月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->