ネットベンチャーニュース
2020年11月26日(木)
 ネットベンチャーニュース

遠隔操作型ロボット開発企業に対し、資本提携を発表

国内WEB
海外WEB
新着30件






























遠隔操作型ロボット開発企業に対し、資本提携を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
障がい者雇用の観点で理念が一致
2020年10月15日、日本電信電話株式会社(以下NTT)は、遠隔操作型ロボットの開発を手掛ける株式会社オリィ研究所(以下オリィ研究所)と資本業務提携することで合意した。

NTTは、障がい者雇用に関してグループ全体で約3,900名を雇用している実績があり、オリィ研究所の遠隔操作型ロボットが、障がい者の活躍をより一層推進できるとし、理念が一致したことが背景としてある。

NTTとオリィ研究所それぞれの強みを生かし、資本と業務の提携を行うことにより、今後の障がい者による遠隔操作作業などの拡充を目指すこととなる。
遠隔操作ロボット


新型コロナウイルスが取り巻く環境を変える
障がい者のロボット操作による雇用の創出という考えの他に、ソーシャルディスタンスの確保という目的も存在する。

これは現在も拡大している、新型コロナウイルス感染を防止する目的があり、人との距離を保とうというものであるが、極端に人との接触を嫌う事例も出ている。

最終的には、孤立感にさいなまれる状況にもつながってしまうことから、遠隔操作ロボットを使い、少しでも人とのつながりを保とうという狙いがある。

今後、この分野は伸びると考えられ、両社の提携に期待が掛かる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NTT
https://www.ntt.co.jp/news2020/2010/201015a.html

Amazon.co.jp : 遠隔操作ロボット に関連する商品
  • FACTORIUM、ファシリティマネジメント業務支援「builbo」のβ版を提供開始(11月26日)
  • 宇宙スタートアップ・Synspective、衛星「StriX-α」の打ち上げ日程を発表(11月26日)
  • オンラインで「立ち話」ができる商談ツールを提供開始(11月26日)
  • 完全オンラインの「東大教室」が森田鉄也氏を迎えて第二回を実施(11月25日)
  • AIカメラの社会実装を加速。北大発ベンチャーのAWL、菊池製作所と提携(11月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->