ネットベンチャーニュース
2020年11月26日(木)
 ネットベンチャーニュース

JR東日本スタートアップ、支援プログラム採択企業と「新幹鮮魚」販売を開始へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























JR東日本スタートアップ、支援プログラム採択企業と「新幹鮮魚」販売を開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
新幹線・特急を活用して鮮魚を販売
JR東日本スタートアップ株式会社は、2020年10月16日、新幹線・特急の荷物輸送を活用した鮮魚の宅配・店頭販売を行うと発表した。

同社は、JR東日本グループにおいてベンチャー出資を展開している企業。鮮魚の宅配・店頭販売は、同社のスタートアッププログラム採択企業である株式会社フーディソンおよびCBcloud株式会社と共に、同年10月23日より開始される。

JR東日本スタートアップ
駅・鉄道などを活用した事業案を募る
JR東日本スタートアップ株式会社は、ベンチャー企業への出資と共に、事業シーズや先端技術の調査・発掘、またJR東日本グループとの協業推進なども手がけている。また、駅・鉄道などを活用した事業案を募るスタートアッププログラムも展開。同プログラムでは、一部の取り組みが既に実用化されている。

今回の鮮魚販売において同社と協働する株式会社フーディソンは、ITを活用した水産流通プラットフォームや、鮮魚専門店『sakana bacca』の運営などを手がける企業。CBcloud株式会社は、物流を現場からスマートに変革する物流DXシステム『SmaRyu』の提供などを手がけている。

新しい水産流通実現に向けて協業
今回開始される鮮魚販売では、新幹線・特急荷物輸送と、株式会社フーディソンのプラットフォームを活用。朝の新潟港で競りにかけられた鮮魚と、大洗港で獲れたばかりの生しらすを、東京の品川駅と五反田駅にて購入可能にした。店舗から陸路輸送は、CBcloud株式会社が担っている。

JR東日本スタートアップ株式会社は今後も、新しい水産流通実現に向けて協業を推進するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

新幹線&特急荷物輸送による鮮魚の宅配と店頭販売開始 - JR東日本スタートアップ株式会社
https://jrestartup.co.jp/news/2020/10/3463/


Amazon.co.jp : JR東日本スタートアップ に関連する商品
  • FACTORIUM、ファシリティマネジメント業務支援「builbo」のβ版を提供開始(11月26日)
  • 宇宙スタートアップ・Synspective、衛星「StriX-α」の打ち上げ日程を発表(11月26日)
  • オンラインで「立ち話」ができる商談ツールを提供開始(11月26日)
  • 完全オンラインの「東大教室」が森田鉄也氏を迎えて第二回を実施(11月25日)
  • AIカメラの社会実装を加速。北大発ベンチャーのAWL、菊池製作所と提携(11月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->