ネットベンチャーニュース
2019年11月13日(水)
 ネットベンチャーニュース

ピクシブ、サクッとチャット形式で楽しめる小説アプリをリリース

国内WEB
海外WEB
新着30件






























ピクシブ、サクッとチャット形式で楽しめる小説アプリをリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
気軽に読める!投稿できる!「pixiv chatstory」
ピクシブ株式会社は13日、チャット形式で進む新スタイルの小説が楽しめるスマートフォン向けアプリ「pixiv chatstory」をリリースした。利用料は無料で、対応OSはiOS 10.0以降、Android版は近日公開予定となっている。

「pixiv chatstory」は、チャットの会話形式で物語が進行していく隙間時間にも楽しみやすい小説「チャットストーリー」の閲覧・投稿が行えるアプリ。画面をタップするたびに会話が進み、ストーリーが広がっていく。

多くの人々が日常生活において、スマートフォンから利用しているSNSチャットの特徴を活かしており、まるですぐ隣に存在する他者同士の会話のやりとりを見ているような感覚や、自分自身がその世界に没入し物語会話に参加しているような感覚を味わうことができる点が魅力という。1話が1~3分程度で読み終えられる短編になっていることも特徴で、移動時間や空き時間など、ちょっとした時間に楽しみやすい。

pixivchatstory
新しい小説のカタチとして提案
「pixiv chatstory」では、作品を楽しむだけでなく、自ら“チャットストーリー”を創作し投稿することもできる。『もしも戦国時代にLINEがあったら』、『怖い話限定!ホラー&サスペンス』など、さまざまな「お題」というテーマが提示されるので、ユーザーは気になる「お題」、書きたい「お題」を選択し、それに沿って物語を制作する。

任意の「お題」を選び、「投稿する」を選択すると、キャラクター設定に進むので、名前や向きなどからイメージに合うキャラクターを作成、+ボタンで追加登録する。キャラクターの設定が完了したら、吹き出しをタップしてキャラクターのセリフを入力していく。+ボタン横のキャラクターアイコンに並んで表示される吹き出しアイコンでは、地の文の作成が行える仕組みだ。制作がすべて完了したら、プレビューで動作チェックを実行、確認の上投稿すると公開が開始される。

作品投稿におけるテキスト入力は、音声入力にも対応しているため、より誰でも気軽にストーリーをつくることができるという。「お題」の「みんなの作品」から、他のユーザーが投稿したチャットストーリーを閲覧することが可能で、作品紹介部分には、タップ数と読了目安時間も表示される。

ピクシブでは、「pixiv chatstory」を、より多くの人が手軽に小説を楽しんだり、投稿したりできる新たなプラットフォームとして成長させていきたいとし、ここでしか読めないオリジナル作品や、人気の高い漫画・アニメ・ゲームなどのコンテンツにおけるチャットストーリー版なども順次公開していく予定とした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ピクシブ株式会社 プレスリリース
https://www.pixiv.co.jp/news/press-release/article/5847/

「pixiv chatstory」 公式サイト
https://chatstory.pixiv.net/

Amazon.co.jp : pixivchatstory に関連する商品
  • 国内唯一のシェアオフィスマッチングPFが正式デビュー(10月23日)
  • AI活用のバリアフリーナビゲーション!「COREDO室町」で初展開(10月13日)
  • アマゾンに新しい受取方法!セルフロッカーとカウンターで気軽に(9月23日)
  • 「OWNERS」、サービス名を社名の「ukka」に変更しフルリニューアル(9月16日)
  • 聴診器をデジタル化!約200年ぶりの進化に?(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->