ネットベンチャーニュース
2019年11月13日(水)
 ネットベンチャーニュース

不動産に特化したクラウドファンディングの「OwnersBook」が全国展開へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























不動産に特化したクラウドファンディングの「OwnersBook」が全国展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホで1万円から出資できる「OwnersBook」、東京23区中心から全国へ対象を拡大
ロードスターキャピタル株式会社は10日、同社が2014年9月に開始した国内初の不動産特化型クラウドファンディングサービス「OwnersBook」について、従来の東京23区を中心とした展開から全国へと対象を拡大、今後はよりさまざまな地域の案件を取り扱っていくと発表した。

「OwnersBook」は、FinTechと不動産テックの両分野にまたがった新スタイルのサービス。不動産鑑定士をはじめとした不動産投資のプロが厳選した不動産担保付きの案件を取り扱い、誰もが手軽にスマートフォンなどを通じて1口1万円からの出資(投資)を行える仕組みになっている。

年換算での利回りが4~6%程度の案件を中心としていること、これまで全案件が満額で成立していること、サービス開始から3年が経過した現在も、貸し倒れが発生した事例がないことなどから、高い水準の信頼を獲得するにいたっており、会員数・累計投資額とも順調に伸ばしてきている。

ロードスターキャピタルでは、現在提供する貸付型クラウドファンディングの仕組みのなかで、百戦百勝を目指しており、万が一にも借入人の債務不履行などが生じた場合の迅速な対応、資金回収の行いやすさを重視して、東京23区を中心とした首都圏の不動産担保ローン案件を取り扱うにとどめてきていたという。

だがその一方で、案件の多様性という観点から、全国をカバーするサービスへの提供を期待するユーザーニーズの高まりもあり、個別に案件を精査して、債務不履行時も資金回収が可能と判断したものならば、地域を問わず取り扱うことに決めたとしている。

OwnersBook
全国展開開始第1弾は京都・町屋の再生案件
ロードスターキャピタルでは、今回の「OwnersBook」全国展開開始にあわせ、第1弾案件として、京都市下京区内にある町屋の再生案件を取り扱うことも発表した。

現在、空き家となっている町屋物件を再生し、魅力的な宿泊施設へと改変するプロジェクトの実施主体となるオペレータに対して、主にその不動産を担保とした貸付融資を行うもので、個人を中心とした不特定多数の人々から匿名組合出資方式による目標資金の調達を目指す。

募集総額は4,050万円で、予定利回りは年換算5.0%、運用期間は14カ月を予定している。なお、ソーシャル・レンディングのスキーム内で実施されるものとなるため、担保や貸付先は明示されない。

ロードスターキャピタルでは、この第1弾案件取り扱いを通じ、京都の町屋再生と同地域の活性化に貢献できるよう努めていくとし、今後の全国展開でも各地の活気づくりに寄与するサービスの運用を進めていくとした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ロードスターキャピタル株式会社 プレスリリース
https://loadstarcapital.com/ja/news/news1110.html

「OwnersBook」
https://www.ownersbook.jp/


Amazon.co.jp : OwnersBook に関連する商品
  • 国内唯一のシェアオフィスマッチングPFが正式デビュー(10月23日)
  • AI活用のバリアフリーナビゲーション!「COREDO室町」で初展開(10月13日)
  • アマゾンに新しい受取方法!セルフロッカーとカウンターで気軽に(9月23日)
  • 「OWNERS」、サービス名を社名の「ukka」に変更しフルリニューアル(9月16日)
  • 聴診器をデジタル化!約200年ぶりの進化に?(8月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->