ネットベンチャーニュース
2018年10月21日(日)
 ネットベンチャーニュース

マネーフォワード、ブロックチェーンなど用いた新サービスへラボを設立

国内WEB
海外WEB
新着30件






























マネーフォワード、ブロックチェーンなど用いた新サービスへラボを設立

このエントリーをはてなブックマークに追加
「MFブロックチェーン・仮想通貨ラボ」の設立を発表
株式会社マネーフォワードは29日、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用した送金・決済サービスの研究開発を目的とした「MFブロックチェーン・仮想通貨ラボ」を設立すると発表した。今後の新サービス立ち上げに向け、同領域に関心を持つ人材の採用と仮想通貨交換業者登録の検討を進めるとしている。

マネーフォワードでは、個人向けの自動家計簿「マネーフォワード」や、エンタープライズ向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」の提供などを通じ、“お金の見える化”や資産運用管理支援、経営の可視化といった環境の構築を図ってきたが、個人間や企業間の送金・決済領域では、コストや安全性・利便性などの面で、既存の金融システムでは解決できない課題が存在していることを見出すにいたったとし、そこに着想を得た新サービスを実現するため、今回のラボ新設を決めたという。

「MFブロックチェーン・仮想通貨ラボ」ではまず、これまで大きな負担となっていた、個人や企業間、海外への送金・決済コストを10分の1に圧縮し、ストレスなく利用できるサービスを実現する方針だ。研究開発は、今年12月に新しく執行役員渉外・事業開発担当となった神田潤一氏、執行役員CTOの中出匠哉氏を中心に進めるとされている。

神田氏は日本銀行や金融庁で制度設計や金融機関との対話を重ねてきた実績があり、一方の中出氏は外国為替取引や外国為替証拠金取引システムの開発・運用分野で豊富な経験と知見を有している。

MFブロックチェーン仮想通貨ラボ
安全・便利な新しいお金の循環社会を!
マネーフォワードでは、新設ラボでの研究開発を通じ、新たな送金・決済体験をもたらすサービスを実現して、送金や決済領域の問題を解消させ、よりお金が循環する社会を目指していくという。

昨今、高い注目を集めるところとなっているブロックチェーン技術や仮想通貨に関しては、現時点の状況を本格的な実用的利用が進んでいない普及途上と見つつも、今後の金融インフラの中核となり得るポテンシャルを有したものと考えているといい、これを十分に活かしたプラットフォームの開発やインフラ整備を進めていきたいとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社マネーフォワード プレスリリース
https://corp.moneyforward.com/

Amazon.co.jp : MFブロックチェーン仮想通貨ラボ に関連する商品
  • 貸出も返却もタッチパネル操作だけ!まさに未来系な無人図書館(10月19日)
  • 手と顔、スマホでOK!より安全・便利な手ぶら決済を叶えるPBI技術(10月12日)
  • ピクシブ、3Dキャラを投稿・利活用できる「VRoid Hub」を発表(9月23日)
  • 「ヤフオク!」、出品者負担で送料を全国一律化するサービスを開始へ(9月10日)
  • Amazon、QRコードによる実店舗スマホ決済へ参入(9月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->