ネットベンチャーニュース
2021年06月19日(土)
 ネットベンチャーニュース

電気代に応じて家電利用を自動でスマート節約!

国内WEB
海外WEB
新着30件






























電気代に応じて家電利用を自動でスマート節約!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Natureが電力小売サービスとスマートリモコンを連携させた新機能をリリース
IoTプロダクトの活用によるクリーンエネルギー社会の推進、デジタル電力革命の実現を目指すスタートアップ、Nature株式会社(以下、Nature)は18日、自社の電力小売サービス「Natureスマート電気」と、スマートリモコン「Nature Remo」を連携させた、電気代に応じて節電を図る家電の自動操作機能「Nature Smart Eco Mode」をリリースすると発表した。当日より提供開始としている。

Natureは、身近な家電をIoT化し、スマートホームを手軽に実現できるツールとして、スマートリモコンの「Nature Remo」を開発、2021年には電力小売事業にも参入し、「Natureスマート電気」によるサービス提供を進めてきた。電力需要の平準化により火力発電所の不要な稼働を減らすなど、環境負荷を下げつつ利便性の高い暮らしを実現することを目指している。

新機能の「Nature Smart Eco Mode」は、電気代の変動に応じ、家電が自動的に節電するもの。Natureによると日本では初のサービスになるといい、「Natureスマート電気」の「スマートプラン」に加入し、「Nature Remo」と組み合わせれば誰でも利用できる。

NatureSmartEcoMode
まずはエアコンから対応、今後対象拡大予定
「Nature Remoアプリ」の最新版で「Nature Smart Eco Mode」を追加新機能として搭載しており、これをオンにすると電気代が高くなるタイミングに反応し、自動でエアコンの設定温度を調節、節電・節約となるようにする。

独自のアルゴリズムで完全に自動化されているため、ユーザーはこの機能をオンにしておきさえすれば、手軽にお財布にも環境にも優しい家電利用ができる。まずは消費電力の大きいエアコンの温度調節に対応したといい、今後対応する家電の種類や機能について順次アップデートを重ね、サービスを拡張していくとしている。

また、「Nature Remo」のオートメーション機能に、30分ごとで変化する電力量料金単価をベースに家電を自動操作する仕組みも追加した。ユーザーがあらかじめ任意の電力量料金単価を設定しておくと、その水準を上回る単価になった時にエアコンをオフとしたり、照明を自動で消したりといったことが可能になっている。

「Nature Remoアプリ」で通知を受け取ることもできるため、リアルタイムで変動する電気の価格により、自身で家電の利用を調整・操作することも可能だ。この通知機能では、設定した料金単価をいつまで上回ることになるのかも合わせて案内されるという。

「Natureスマート電気」の「スマートプラン」は、日本卸電力取引所(JEPX)の電力取引価格により、従量電気料金の単価が決定される市場連動型プラン。単価の安い時間帯を中心に利用することで節約が見込める一方、電力取引価格が高騰するとそのあおりを受けるリスクがある。

スマートリモコンの「Nature Remo」は、タイマー機能やGPS機能、温度・湿度、照度、人感センサーを搭載し、赤外線方式のリモコンを備えた家電であれば、メーカーや型番・年式などにかかわらず接続させて操作できる。アプリを用いたスマートフォンからの家電操作や搭載センサーによる制御、スマートスピーカーとの連携利用にも対応している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Nature株式会社 プレスリリース
https://nature.global/press/release/5103/

Amazon.co.jp : NatureSmartEcoMode に関連する商品
  • 大学とIT企業が量子コンピュータ普及に向け協定を締結(6月18日)
  • 自動車メーカー系ベンチャーが、視覚障碍者向けナビを開発する(6月16日)
  • ベンチャー120社が5分プレゼンを展開。「ものすごいベンチャー展」7月開催(6月13日)
  • サムライインキュベート、ヒューマンエラー防止システムのCorrActions社に出資(6月12日)
  • 「SOKUYAKU」に新機能「来店予約機能」追加(6月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->