ネットベンチャーニュース
2022年08月12日(金)
 ネットベンチャーニュース

新しい金融体験を構築する!次世代型クレジットカード「Nudge」の提供に向け、ナッジが追加資金調達を実施

国内WEB
海外WEB
新着30件






























新しい金融体験を構築する!次世代型クレジットカード「Nudge」の提供に向け、ナッジが追加資金調達を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本でチャレンジャーバンクを目指すベンチャーのナッジ
国内におけるフィナンシャルインクルージョンをチャレンジャーバンク事業の展開を通じ、実現することを目指しているベンチャー企業のナッジ株式会社(以下、ナッジ)は11日、Spiral Capital、Headline Asiaを共同リード投資家とし、既存投資家であるジェネシアベンチャーズなどを引受先とする第三者割当増資を実施すると発表した。

今年2月に発表した第三者割当増資と合わせ、今回の追加資金調達により累計調達額は10億円を超えるとされており、ナッジはこれを元手に、今夏のリリースを予定している次世代型クレジットカード決済サービス「Nudge」の提供開始、金融機関として必要になる各種事業者登録など、今後の事業展開に欠かせない体制の整備と強化を進める。

なお今回の資金調達については、今秋頃の最終クローズに向け、国内外の投資家や事業提携先との協議を継続していくともしている。

「Nudge」については、今夏の一般向けサービス開始を見据え、関係者向けのクローズドベータサービスを開始する方針も示した。調達した資金でサービスの運用体制とともに、顧客ニーズに合わせた機動的な機能増強やさらなるサービスの開発、人員採用にも取り組んでいくとする。

Nudge
スマホ連動で使いやすく安心・安全、その上使って楽しい!
「Nudge」は、クレジットカードの利便性をスマホベースの現代に合わせるかたちで進化させるとともに、スポーツチームやアーティストなど提携先とユーザーをつなげるファンマーケティングの仕組みを組み込んだ次世代型のサービス。まだくみ取れていないニーズにフィットし、社会のキャッシュレス化を推進するものになると期待されている。

「Nudge」の利用申し込みやカード発行手続き、問い合わせなどはすべてスマートフォン向けの専用アプリで完結する(対応はiOS、Android)。カードの利用状況もアプリでリアルタイム管理が可能になっており、不正利用や使いすぎも防ぎやすい。

無料発行可能なカードデザインは3種類で、縦型のシンプルデザインとなっており、カード番号や氏名などの表面記載はなく、裏面に集約されている。

カード発行にあたってはAIなどの独自の審査手法を用いるといい、学生・アルバイトや非正規雇用社員、兼業・副業、フリーランス、クラウドワーカーなど、現代の多様な働き方を踏まえ、柔軟に対応するという。

基本はクレジットカードであるため、プリペイドカードのような事前入金は必要ない。都度チャージの手間や、利用時の残高確認、使い残しの心配などもなく使える。

一方で、利用金額の支払方法は、一般的なクレジットカードのような月に1度の口座引き落とし方式ではなく、好きなタイミングでセブン銀行ATMから支払えるようになっている。最短で決済の翌日から支払うことができ、後でまとめて請求されるクレジットカードの利用形態に不安を感じる人も使いやすい。

細かく支払いを調節できるため、月の途中で利用枠が足りなくなるようなシーンでも、利用分を支払って返済を完了させれば、即時に利用枠を回復させられるというメリットもある。

全カードにIC機能が搭載され、世界中のVisa加盟店で利用が可能、「Visaのタッチ決済」にも対応しており、対応リーダーのある店舗ならば、カードをかざすだけですぐに決済を完了できる。一定金額を超えるものでなければ、暗証番号の入力やサインも不要でスピーディに支払えるため、日常の少額決済や混雑中のレジ、急ぎのシーンでも便利に使える。

さらに特徴的なもう1つのポイントが、クラブ機能だ。提携する企業や団体の開設する「クラブ」を選択することで、好きなチームやアーティスト、各種クリエイターを支援することができる。日常の買い物で支払いを「Nudge」にするだけで、自動的に自分の“好き”な対象を応援できる。

提携側は初期費用や月次の固定費負担もなく、提携カードを作成でき、入会特典はもちろん、累計利用額に応じたクラブ特典の提供などが可能、ファンとの新しいエンゲージメントを創出することができる。収益を多様化するとともに、ファンマーケティングの可能性を大きく広げることが可能になるとみられる。

ナッジでは、この「Nudge」サービスを第1弾として、未来の金融体験を創造することを目指すほか、新たな価値観と行動様式をもった金融機関のあり方も模索していきたいとする。

自社の哲学を「free、fair、flat」と定め、自律分散型のチームを志向、将来的にはブロックチェーンやNFTなどの金融派生技術も活用しながら事業を拡張していくことを打ち出している。革新的な取り組みであり、今後の動向が注目されるだろう。

(画像はPixabayより)


外部リンク

ナッジ株式会社 プレスリリース
https://nudge.works/news/20210811_finance

Amazon.co.jp : Nudge に関連する商品
  • EV急速充電器の実証実験をショッピングモールで実施(8月6日)
  • 個人情報が分かる映像データを自動でマスキングするAIを提供開始(8月5日)
  • AIを活用した熱中症リスクアラートサービスを提供へ(8月1日)
  • トラックの配送スケジュールや手配を自動で行い工数を削減可能に(7月28日)
  • 大学系ベンチャーが救急医療システムを東広島市へ提供(7月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->