ネットベンチャーニュース
2021年09月20日(月)
 ネットベンチャーニュース

英語学習アプリ「booco」 シャドーイングと速読トレーニング機能追加

国内WEB
海外WEB
新着30件






























英語学習アプリ「booco」 シャドーイングと速読トレーニング機能追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
より多角的な英語学習可能なアプリに
株式会社アルク(以下、アルク)は、運営する英語学習アプリ「booco」に新機能として、「シャドーイング」と「速読」の学習機能を追加リリースした。
booco
これにより「booco」のユーザーは、英語のリスニング力・スピーキング力・リーディング力を鍛えられるようになる。
全19冊のクイズ対応書籍も追加搭載
アルクの運営する「booco」は、英語学習の参考書や問題集をスマートフォン一つで学習できるアプリだ。

2020年4月から提供が開始され、空き時間に手軽に英語が学べるアプリとして利用されている。

今回、リスニング力とスピーキング力向上に役立つ「シャドーイング」と、リーディング力を鍛えられる「速読」機能が追加された。

「シャドーイング」機能では、アイード社が提供する英語スピーキング評価AI「CHIVOX」を採用しており、さまざまな観点から自分のスピーキングの評価を知ることができる。
booco
「速読」機能では、読解スピードの目安を意識しながら読み進められる工夫がされている。
booco
これまで以上に、中上級者の英語力アップにも役立つアプリとなった。

また、今回のリリースにあわせて、アプリ内にはアルクの人気書籍全19冊に対するクイズ機能も追加された。

アプリ内には、電気書籍の試し読みやクイズを試せるエリアページも解放されているため、体験学習も可能だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社アルク プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001450.000000888.html


Amazon.co.jp : booco に関連する商品
  • 音声ベンチャー、AI電話受付サービス「Terry」β版をリリース(9月19日)
  • 「bellFace」 三井住友銀行が導入(9月19日)
  • 川崎市が福祉ベンチャーを支援する施設を開設(9月18日)
  • アートの共有保有プラットフォーム「ANDART」2.8億円の資金調達を実施(9月16日)
  • 英語とプログラミング学習を融合した実証実験が、中学校で実施される(9月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->