ネットベンチャーニュース
2021年12月04日(土)
 ネットベンチャーニュース

あらゆる人に便利な情報化社会を!INFORICHがミライロと提携

国内WEB
海外WEB
新着30件






























あらゆる人に便利な情報化社会を!INFORICHがミライロと提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルバッテリーシェアリングの「ChargeSPOT」がデジタル障がい者手帳の「ミライロID」と連携
ボーダーレスに人々の想いや文化をつむぐこと、そうして互いに分かち合う社会を創ることをミッションに掲げる株式会社INFORICH(以下、INFORICH)は22日、株式会社ミライロ(以下、ミライロ)の提供するデジタル障がい者手帳「ミライロID」と連携した取り組みを進めていくことを発表した。

INFORICHが展開するモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を、障がい者の人々が利用しやすい場所に設置し、提供拡大を目指していくとともに、「ミライロID」内で「ChargeSPOT」の無償クーポンを期間限定で配信するキャンペーンを実施する。

INFORICHは、2015年9月設立のベンチャー企業。2018年4月から日本初の持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービスとなる「ChargeSPOT」の提供を開始した。全国各地の駅や空港といった公共交通機関のスペース、商業施設、飲食店、コンビニエンスストア、その他公共施設などで設置を進め、これまでに日本全国で約3万台を設置・稼働させてきた。2020年6月には、地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの参画も果たしている。

「ChargeSPOT」の利用は、Android向け、iOS向けに提供されている専用アプリまたは対応アプリを入手し、バッテリースタンドに印字されているQRコードをスキャンしさえすれば良い。レンタルしたところとは別のスタンドに返却してもよく、料金は最初の30分未満で165円、48時間まで330円、その後は1日330円となる。

ChargeSPOT
あらゆる人の生活をもっと便利に、自由に
一方のミライロは、2009年5月創業の企業。国籍や性別、年齢、身体特性など人々がもつ多様性を力に変え、ユニバーサルデザインの観点で新たな価値を創造することを企業ミッションとする。

同社の「ミライロID」は、障がい者手帳をスマートフォンでより手軽に管理可能にするほか、個別化した情報配信を行う、企業とコラボしてお得な電子クーポンや割引チケットを配信する、車椅子のサイズ指定など必要なサポートの伝達を助けるといった機能をもつ障がい者向けアプリ。

今回の連携では、ミライロが監修することで、日頃障がい者の人々が頻繁に利用する場所、使いやすい場所への「ChargeSPOT」導入を促進させる。また、全国にある「ChargeSPOT」のデジタルサイネージを活用し、「ミライロID」の認知向上、社会普及を推進する。

連携を記念し、INFORICHが提供するクーポンは、2021年11月22日~2022年1月31日までの期間限定で「ミライロID」において発行するもので、「ChargeSPOT」のバッテリーレンタル利用が5日間無料になるものという。

スマートフォンを基点とした、誰にとっても便利さ、豊かさを享受できる社会を目指し、多角的に進んでいく取り組みとして注目したい。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社INFORICH プレスリリース
https://inforich.net/

Amazon.co.jp : ChargeSPOT に関連する商品
  • 簡単に体温管理ができるアプリがリリースされる(12月3日)
  • Apple Watchで体調と運転の相関をチェック、新安全アプリ等開発へ(11月28日)
  • 新溶媒抽出方法を採用した金属リサイクル研究が開始される(11月27日)
  • 予約受付サイトが簡単に作成できる「くじらRESERVE」をリリース(11月25日)
  • 素材ベンチャーが電気自動車用基板の開発を開始(11月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->