ネットベンチャーニュース
2022年07月05日(火)
 ネットベンチャーニュース

mmhmm、ドコモ子会社と世界初の販売代理店契約締結

国内WEB
海外WEB
新着30件






























mmhmm、ドコモ子会社と世界初の販売代理店契約締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
新感覚のビジネスWeb会議プレゼンツール、本格的に日本市場開拓へ
新たなビジネス向けビデコミュニケーションアプリとして注目されている「mmhmm(ンーフー)」を提供する米・mmhmmは6月9日、ドコモ・システムズ株式会社(以下、ドコモシステムズ)と、ビジネスチームで利用する「mmhmm for Teams」の販売代理店契約を締結したと発表した。

これにより、ドコモ・システムズは「mmhmm」における世界初の販売代理店となり、日本市場における重要パートナーとして、企業や団体組織に対し、「mmhmm」によるコミュニケーションの導入を推進していく。

「mmhmm」は、コロナ禍のビジネスシーン向けツールとして、Evernote創業者であるフィル・リービン氏が共同創業者兼CEOとなって立ち上げたもの。Windows版、Mac版、iOS版、Webブラウザ版が用意され、幅広いデバイスで利用することができる。

自身を映し出している映像の背景画面にPower Pointの画面・グラフデータなどを表示させたり、静止画はもちろん動画コンテンツを流したり、多様な資料の合成、エフェクトの追加など、プロの編集技術が加えられたニュースキャスターのような雰囲気でプレゼンをするといったことが可能になっている。

単独でもWeb会議に使えるが、「Zoom」や「Google Meet」、「letaria」、「Webex」などのツールとの連携機能もあり、すでにこれらでの社内コミュニケーションが定着しているケースでも、その質をアップさせるために活用できるといった特徴がある。

mmhmm
サブスク・請求書払いにも対応
「mmhmm」は、日本でも徐々に個人利用を始めているユーザーが増えてきているが、今回のドコモ・システムズとの提携により、法人向けサービス「mmhmm for Teams」の全国販売が正式開始され、本格的な日本市場の開拓が進んでいくと期待されている。

「mmhmm for Teams」では、ビデオ会議・プレゼンの実施だけでなく、実施したビデオデータをクラウドにアップロードすることもできる。業務報告や提案内容について、社内チームでの情報共有をスムーズにするといった点でも役立つと考えられる。

mmhmmではドコモ・システムズとの提携により、同社が推進する分散型の働き方(Out-of-Office・OOO)が成立する社会を日本国内でも積極的に実現していきたいとする。

また、ドコモ・システムズを通じて契約、「mmhmm for Teams」をサブスクリプションする場合、請求書払いも可能になるとされた。年額プランは1ユーザーあたり18,900円(税込)で、10ユーザーから申し込み可能となっている。

なお、6月24日には、ドコモ・システムズとmmhmmによるウェビナーとして、「リモートワークの最前線セミナー」が開催される。参加費無料、「mmhmm Premium」が3カ月無料となる特典が付き、希望すればどこも・システムズによるプライベートセミナーも提供される。

現在、専用申し込みフォームにて参加希望を募っているため、関心のある企業・団体は、まずチェックしてみると良いだろう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

mmhmm プレスリリース
https://www.mmhmm.app/ja/blog/docomo-systems-ja

Amazon.co.jp : mmhmm に関連する商品
  • ハッシュタグ機能を持ったチャットボットサービスがリリースへ(6月30日)
  • 食事に運動・睡眠・肌ケアまで!総合ヘルスケアサービス導入支援アプリ「SOULA pie」(6月28日)
  • 電動二輪キックボードの進化型モビリティの新しい形が開発される(6月26日)
  • AIを利用した、設備点検AIプラットフォームを開発(6月26日)
  • AIを活用することができる人材育成教育サービスがリリースされる(6月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->