ネットベンチャーニュース
2024年07月25日(木)
 ネットベンチャーニュース

情報通信インフラを地上だけでなく衛星利用で整備拡充へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























情報通信インフラを地上だけでなく衛星利用で整備拡充へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
5Gや6Gの通信エリアを拡大へ
2023年3月28日、株式会社アクセルベースは、NEDOが公募した「光通信等の衛星コンステレーション基盤技術の開発と実証」に参加することが決定し、株式会社Space Compass、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、日本電気株式会社(NEC)と共同で進めると発表した。

このプロジェクトでは、2030年予定の次世代情報通信インフラ「Beyond 5G(6G)」を見据え、衛星利用による通信エリアの拡大を目的としており、より充実した通信環境が整うことになる。
5G
5G、6Gでの特性が問題に
現在携帯電話の主流となっている4G電波は、山やビルの陰になっているところでも回り込むため、利用者端末に届きやすく全国の広いエリアをカバー可能。

しかし、今後周波数の高い5G、6Gが主になると、直進性が強いため、ビルなどの陰になっているところには電波が届かず、死角をカバーするため、より多くのアンテナを設置することになり地上での設備投資が膨大になるだけでなく、エリア拡大に時間が掛かる。

これらの問題を解決するために、地球低軌道衛星を利用し、電波を上空から提供することで通信エリアをカバーしようというもの。

また、災害などにより地上インフラが使えない場合でも有効とされており、今後の拡充が望まれる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社アクセルスペース
https://www.axelspace.com/ja/news/kprogram/

Amazon.co.jp : 5G に関連する商品
  • 企業の脱炭素化を支援、「パーセフォニPro」日本語版が公開に(7月21日)
  • TECHMAGIC、食品大手らとコンソーシアムを結成(7月9日)
  • Bodygram、未来の身体変化を可視化する新機能を発表(6月17日)
  • 救急医療をテクノロジーで変える!浜松市で実証実験進行中(5月31日)
  • トンネル坑内の作業進捗をAIにて自動判定しリアルタイム通知(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->