ネットベンチャーニュース
2024年02月23日(金)
 ネットベンチャーニュース

ウォンテッドリー、チームマネジメントの「Pulse」をアップデート

国内WEB
海外WEB
新着30件






























ウォンテッドリー、チームマネジメントの「Pulse」をアップデート

このエントリーをはてなブックマークに追加
「1on1」で新機能、サービスを拡充
ビジネス向けSNSの「Wantedly」を提供するウォンテッドリー株式会社(以下、ウォンテッドリー)は12日、同社のチームマネジメントサービス「Pulse(パルス)」のアップデートを実施したことを発表した。新機能の追加や画面の仕様変更など、より使いやすいサービスへと進化している。

Pulse
「Pulse」は、ビジネスチャットツールとしてスタートアップらにも人気の高い「Slack」を通じ、ダッシュボードでチームやメンバーの状態を可視化、必要な管理が速やかに行えるマネジメントサービス。

1対1の対話で目標確認や近況相談が行える「1on1」や、週ごとの仕事の調子を5段階評価でチェックできる「調子どう?」、会社の行動指針を体現しているメンバーに称賛を送る「さすが!」といったユニークな機能を有する。

いずれも「Slack」上での回答が可能なほか、「Wantedly」の管理画面上でも使え、互いに話した内容やメンバーの調子の推移などを振り返り、ビジネス展開に活かしていくこともできる。

Pulse
今回のアップデートでは、まず社内の誰とでも自由に面談を設定、実施できる「誰とでも1on1」が新機能として追加された。これまでの「1on1」は、設定済みの直属上司と部下の間でのみ実施可能なものだったが、この「誰とでも1on1」により、同じ企業に所属しているメンバー同士ならば、役職の上下関係や所属部署などの属性を超え、誰とでも面談が行える。

Pulse
画面が個別表示型になり、すっきり分かりやすく!
さらに画面の仕様変更も実施した。従来は「Pulse」の全機能が「Wantedly」の管理画面上にまとめて表示される仕組みで、ひとつの画面にある情報量が多く、利用データが蓄積されると、改めてチェックする際など、複雑で分かりにくい面があった。

今回のアップデートで、「1on1」、「調子どう?」、「さすが!」の3機能はそれぞれ個別表示される仕様に変更された。管理者は対象者について、各機能の記録をタブで切り替え、1つの機能につき1つの画面で確認可能となっている。

視認性が高まり、これまでよりも情報を整理してチェックしやすくなったといえる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ウォンテッドリー株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000222.000021198.html

アップデート案内 特設ページ
https://www.wantedly.com/

Amazon.co.jp : Pulse に関連する商品
  • 手元にマイナンバーカードが無くともdアカウントの本人確認が可能に(2月19日)
  • 災害時避難要支援者をサポートするサービスがリリース(2月19日)
  • Blueskyが招待制を終了、Xからの乗り換え進む?(2月10日)
  • コンクリート再利用で二酸化炭素排出量低減に成功(2月6日)
  • 楽天証券、自然な会話と対応ができる「投資相談AIアバター」を開発(1月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->