ネットベンチャーニュース
2024年04月22日(月)
 ネットベンチャーニュース

牛の分娩兆候をAIモニタリングシステムで検知

国内WEB
海外WEB
新着30件






























牛の分娩兆候をAIモニタリングシステムで検知

このエントリーをはてなブックマークに追加
牛特有の分娩行動にて判断
株式会社ニコンは2023年12月26日、熊本県内の肉牛生産者の協力のもと、牛の分娩兆候や開始を監視するライブモニタリングシステム「NiLIMo」を開発し、2024年に株式会社ニコンソリューションズから販売することを発表した。

このシステムでは、牛が分娩時に示す特徴的な動きをAIに事前に学習させ、カメラ映像を解析して同様の行動が見られた場合には、その情報を農場関係者に通知することが可能になる。

人手不足に悩む生産者の負担が減ると考えられ、労働環境の改善に寄与することが見込まれる。

酪農
畜産業界の労働環境向上へ
牛の分娩時には、獣医や生産者などが対応するが分娩のタイミングが予測できないため、24時間体制で見回りが必要であり、小規模農場では特に個人の負担が大きい状況である。

この新しいシステムの導入により、分娩への素早い対応と生産者の身体的負担の軽減が実現され、畜産業界の労働環境向上が期待される。

株式会社ニコンは、今後も生産者のフィードバックを受けながら、システムの改良を進め、乳牛や他の家畜にも適用できるように開発を進めていく意向だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ニコン
https://www.jp.nikon.com/company/1226_01.html


Amazon.co.jp : 酪農 に関連する商品
  • ISOにおける自動運転シナリオを数学的定式化(4月15日)
  • 機微情報を保管した新開発SIMを非対面決済端末に実装(4月15日)
  • 物流におけるグローバル標準倉庫管理システムを拡充(4月10日)
  • 既存光ファイバーを使った実験で、伝送容量の世界新記録を達成(4月8日)
  • 多要素認証サービスに顔認証追加し認証をより安全に(4月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->