ネットベンチャーニュース
2024年06月13日(木)
 ネットベンチャーニュース

「ChargeSPOT」を入り口にモノを持ち歩かない生活へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























「ChargeSPOT」を入り口にモノを持ち歩かない生活へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
UI刷新で複数シェアリングサービスを利用可能に
モバイルバッテリーシェアリングの「ChargeSPOT」を運営する株式会社INFORICH(以下、INFORICH)は18日、同社が提供しているシェアリングエコノミープラットフォームアプリ「ShareSPOT」の機能を「ChargeSPOT」アプリに搭載するUI刷新を行ったと発表した。

これにより「ChargeSPOT」のユーザーは、同アプリから電動機付き自転車や傘、ワーキングスペースなど「ShareSPOT」を通じて提供されている複数のシェアリングサービスを直に利用可能となる。

ChargeSPOT
利用方法はごくシンプル。「ChargeSPOT」アプリを開くと、新たなUIでは画面上部に「ShareSPOT」タブが表示されるようになっているため、まずこのタブをタップする。

すると「ShareSPOT」で利用可能な参画サービスが地図上にピンで表示される。この中から、利用したいサービスのロケーションピンをタップし、QRコードをスキャンすればよい。

個別に会員登録を行ったり、専用アプリをダウンロードしたりする必要は一切なく、すべてを「ChargeSPOT」アプリひとつで使えるようになる仕組みだ。

現時点での参画サービスは、「ChargeSPOT」のほか、自転車シェアリングの「bike share service」、傘のシェアリング「アイカサ」、コワーキングスペース・シェアオフィスの「いいオフィス」、EV充電ステーションの「Myプラゴ」となっている。

ChargeSPOT
あらゆるモノのシェアリングを世界へ
UI刷新は、まずiOS向けアプリを対象に2024年3月より順次開始、2024年4月4日に全iOSユーザーへの搭載を完了させているという。Androidについては、2024年中を目処に順次刷新予定とされている。

INFORICHの「ChargeSPOT」は、2018年4月にスタートしたサービス。現在は全国で約42,400台を設置し、アプリの累計ダウンロード数は約844万にのぼっている。同社はシェアリングエコノミーのさらなる推進を目指し、2022年11月に「ShareSPOT」を開始した。

モノを持たない生活は、若年層を中心に、シンプルで自由なライフスタイルを求める文化として定着しつつあるとされる。消費行動においても、所有より共有やレンタルで済むモノはそちらを選択することが賢いと考える向きも増えている。

INFORICHによると、「ChargeSPOT」ユーザーを対象に実施したアンケートでは、「外出する際の荷物をなるべく少なくしたいと思う」が96.5%にのぼり、「荷物が多い状態は“格好悪い”」と感じる人も80.8%と非常に多かった。

これらから、「ChargeSPOT」ユーザーとシェアリングサービスの親和性はかなり高いものとみられている。

また、日本を訪れるインバウンド旅行者数の増加に伴い、各自治体や企業による電子決済や通信環境整備といった対応が進んでいるが、訪日外国人にとっても、便利なシェアリングサービスはニーズの高い重要インフラになり得ると考えられる。

こうした背景から、「ChargeSPOT」の豊富な設置台数とユーザー数を活かし、「ShareSPOT」を拡張展開させ、モノのシェアリングの促進・利用機会の拡大を図っていくこととしたという。

INFORICHでは今後、さらに入り口となる「ChargeSPOT」のユーザー数拡大も目指し、自動販売機や駅の券売機へのバッテリースタンド設置、屋外設置など、多様な生活導線上への設置を進めるほか、シェアリングサービスのパートナー拡充を行い、利便性向上を図っていくとしている。

「ChargeSPOT」は、現在世界7エリアでも展開を開始させているが、さらに対象エリアを拡大予定で、将来的には海外でも、ひとつのアプリで多様なシェアリングサービスを垣根なく利用できる環境を整えていきたいとした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社INFORICH プレスリリース
https://inforich.net/

Amazon.co.jp : ChargeSPOT に関連する商品
  • 救急医療をテクノロジーで変える!浜松市で実証実験進行中(5月31日)
  • トンネル坑内の作業進捗をAIにて自動判定しリアルタイム通知(5月30日)
  • Spectee、パナソニックと家データから災害時避難状況の可視化を行う実証実験(5月21日)
  • セルフレジ決済での、冷凍食品販売実証実験を開始(5月2日)
  • 紙のレシートは時代遅れ!今や電子レシートが主流に(5月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->