ネットベンチャーニュース
2019年10月22日(火)

ネットベンチャーニュース

国内WEB
海外WEB
新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » ピーエムジー株式会社

働き方改革に期待する一方で、企業の課題がより明確化される結果に。有休取得条件等での罰則が有給休暇取得率30%台の改善に期待。
2019年4月19日 ピーエムジー株式会社
Yahoo!ブックマーク  iza newsing はてなブックマーク ニフティクリップ Googleブックマーク livedoorClip Choix  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

今年のゴールデンウイークは、10連休となりました。
こうした祝日は大変ありがたいことですが、自分の好きな時に休むことができる「有給休暇」は皆さん取得できているでしょうか。
実は今、我々労働者の権利である有給休暇が思うように消化されないということが問題視されています。
なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。そして、その背景はどうなっているのでしょうか。
今回は、事業規模50人以下の企業で働く20~60代男女1000人を対象に、「有給休暇」について調査をしました。

ファクタリングサービスを展開するピーエムジー株式会社(https://p-m-g.tokyo/)は、「有給休暇」の未消化やその背景についてを調査しました。


調査概要:『「有給」に関するアンケート』

【調査日】  2019年3月18日(月) ~ 2019年3月19日(火)

【調査方法】 インターネット調査

【調査人数】  1,007人

【調査対象】 事業規模50人以下の企業で働く20~60代男女

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


有給休暇の取得率は4割以下。6割以上の企業が取得率が低いという結果に。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMTc5NzEjNTg1NTRfT3hMZHJHZ1dBTy5wbmc.png ]


「あなたの会社の有給休暇取得率は高いですか?」と質問したところ、「はい」と回答された方は4割以下という結果になりました。

「いいえ」と回答された方に対して、「それはなぜですか?」と質問したところ、「人手が足りない」が最も多く、次いで「他の人が取得しないから」、「社内体制が整っていない」、「立場上取れない」と続きます。

有給休暇は労働者の権利でありますが、他者や会社を優先するあまり、その権利が行使できないといった事態が起きています。


有休取得条件等での罰則はどこまで効果的?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMTc5NzEjNTg1NTRfSE1nUUF6Vm5tWi5wbmc.png ]


今回、4月から有休取得条件等での罰則が発生する法律が施行されましたが、「有給を取得するために会社が工夫しなければならないところはどこですか?」と、質問したところ、「会社の制度」が最も多く、次いで「責任者の考えの統一」、「個人の意識」と続きます。

大企業も中小企業も等しくこの罰則が適用されることになりました。

しかし、そうはいっても大企業は豊富な人材と資金力で様々なアプローチも可能でしょうが、多くの中小企業は限られた人材の中でより高度なパフォーマンスを発揮しなければなりません。多少無理をしなければ成り立たないといったことは問題ですが、今後は業務においてより効率化が求められるでしょう。


働き方改革に期待する一方で企業が取り組むべき課題が浮き彫りに


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMTc5NzEjNTg1NTRfVmFidVpRdlNSdi5wbmc.png ]


年度の始まりは何かと変化が大きいですが、働き方改革の法案が通ったことにより、これまでとは違った変化もみられることでしょう。

そこで「働き方改革について期待していますか?」と質問したところ、「はい」と「いいえ」がほぼ半数に分かれました。

内容そのものは労働者にとって有利なものでありますが、「特に気になっている項目を教えてください」と質問したところ、「休日取得の推進」が最も多く、次いで「長時間労働の是正」、「人材育成」、「ITシステムの導入」と続きます。

今回の調査では、企業の潜在的な課題が浮き彫りになった一方で、働き方改革はそもそも労働者の働きやすさを確保し、今後の社会の発展を底上げしていくものであるため、働き方改革導入に向けての仕組みを整えることが重要となるでしょう。


業務効率を上げる仕組みづくりが急務に


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMTc5NzEjNTg1NTRfclJpQWtHaFdMQS5wbmc.png ]


働きやすい環境を作るためには、業務効率をあげる仕組みを企業が取り入れる必要があります。

業務フローをルール化することで仕事の流れが明確になり、より効率の良い働きやすい環境を生み出すことが出来ます。

働きやすい環境は効率的な業務運営により初めて実現されるといえるでしょう。


ピーエムジー株式会社の「ファクタリング」で働きやすい仕組みづくりを


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMTc5NzEjNTg1NTRfaU9ycGh3cFZXeS5wbmc.png ]


ピーエムジー株式会社のファクタリングサービスは、独自の審査や資金化の方法を導入しているため、資金化までのレスポンスは最速で、さらに売掛金の買取手数料は業界最安値となっております。

会社の資金の流れを正常化することにより、より働きやすい組織にするための目標も明確化されることでしょう。


また、丁寧かつ熱意あるコミュニケーションがお客様から高く評価されており、他社様から切り替えてご利用されるお客様の多さが安心の秘訣です。


資金のことでお困りの方は、秘密は必ず厳守する安心安全のピーエムジー株式会社にご相談ください。


■​ピーエムジー株式会社

https://p-m-g.tokyo/

■住所:東京都新宿区新宿2-12-8 ACN新宿ビル 7階

■TEL:03-5361-7503

■FAX:03-5361-7504





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ