ネットベンチャーニュース
2016年12月10日(土)
 ネットベンチャーニュース

SBI証券と日本IBM、ブロックチェーン技術活用の債券取引実験

国内WEB
海外WEB
新着30件






























SBI証券と日本IBM、ブロックチェーン技術活用の債券取引実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
取引システムの構築を目指した実証実験を開始
株式会社SBI証券と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は14日、共同でブロックチェーン技術を活かした新しい分散プラットフォームによる債券取引システムの構築を目的として、実証実験に着手したことを明らかにした。業務およびシステムの観点から実現性や効果を検証し、証券業務ブロックチェーンの早期商用化を目指す。

「ビットコイン」の中核技術として知られるところとなった仮想通貨の根幹、ブロックチェーン技術は、近年開拓が進むFinTech分野のなかでも、とくに注目を集めており、世界各国の金融機関や市場関係者による調査・研究・開発が進んでいる。しかし、実際のビジネス現場における適用では、技術上や各国での法令諸規則上の課題などから、まだまだ改善・整備が必要な点も多い。

今回の実証実験では、SBI証券が日本IBMの金融ビジネスコンサルティングサービスであり、先進的アプリケーションの開発支援サービスである「IBM Bluemix Garage」を通じ、ブロックチェーン技術の評価を行う。

具体的には、債券の登録から償還までの関連する一連商品サイクルにおける検証を行って、データベース共有による業務の効率化や自動化、共有インフラを通じた関係者間のインフラコスト削減の可能性、既存業務プロセスの代替可能性などをみて、このブロックチェーン技術が証券業務・システム面で有用か検討するという。

SBI証券
債券取引プラットフォームの進化につながるか
ブロックチェーン技術は、取引記録や資産登録簿などのデータを、分散型ネットワーク上にいる参加者同士でセキュアに共有・管理することができる技術だ。うまく適用できれば、低コストでのシステム構築と運用が可能なため、大幅な業務改革、取引プラットフォームの進化につながると期待される。

SBI証券では実証実験を通じ、債券業務に対するこの技術の適用可能性を検証し、現時点で存在する業務利用面での課題を抽出、実用化に向けた整理を進める方針だ。

また日本IBMによると、この実証実験に関し、さまざまな革新的オープン技術を確立してきたコミュニティ「Linux Foundation」が提唱する「Hyperledger」プロジェクトの開発するブロックチェーン基盤で、ハイパーレジャーファブリックを用い、プロトタイプを開発するとしている。なおこのハイパーレジャーファブリックは、IBMクラウドの「IBM Bluemix」でサービスとして提供されるものを利用するという。

日本IBMでは、今回の実証実験に対し、IBM東京基礎研究所を含む世界のIBMリサーチとの連携や、金融機関を含むグローバルな複数顧客との検討実績など、自社が有するグローバルネットワークを活かしたサービスを提供していくとした。


外部リンク

日本アイ・ビー・エム株式会社 プレスリリース
http://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/50791.wss

「IBM Bluemix Garage」
http://www.ibm.com/cloud-computing/bluemix/garage/jp-ja/

Amazon.co.jp : SBI証券 に関連する商品
  • 資産管理の「Moneytree」、自動レシート照合やApple Pay対応に(12月9日)
  • Instagram、コメント管理関連など3機能を追加(12月8日)
  • freeeと「CREW CHECKER」が連携、給与計算業務を自動化(12月7日)
  • 日用品の注文はワンプッシュ!「Amazon Dash Button」(12月6日)
  • シャープ、クラウドサービスなどを活かした高齢者支援の実証実験を開始(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->