ネットベンチャーニュース
2020年08月10日(月)
 ネットベンチャーニュース

米Groupon社、中国市場狙う

国内WEB
海外WEB
新着30件






























米Groupon社、中国市場狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国市場に参入
米Groupon社副社長Mads Faurholt-Jorgensen氏が中国市場に参入する事を発表した。

中国のメディアによると、Jorgensen氏はHarvard Business Schoolの中国人学生に向け中国人従業員を募集する趣旨の求人メールを送ったという。中国のメディアによると、同社は3ヵ月で中国人従業員数を1,000人に増やす予定だという。

Grouponは米国で生まれたクーポン購入サイト。クーポンサービス。創業は2008年11月。最初の市場エリアは米国シカゴだった。その後、米国ボストン、米国ニューヨーク、米国トロントへと市場エリアを拡大していった。

現在同社は市場エリアの拡大を行なっている。米国のほか、カナダ、ブラジル、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ポルトガル、スペイン、日本、ポーランドなどの地域に市場エリアを拡大している。
Groupon
アジア地域へ事業拡大
求人メールには、米Groupon社が現在日本と中国で研修プログラムを行なう予定があり、アジア地域へのチーム派遣を考えていると書かれていたという。

また同社管理職は上海のウェブディスカウントサイトLashou.com、Ftuan.com、Meituan.comの管理職と会ったという。以下、ChinaTechNews.comに掲載されたGroupon社副社長のコメント。

Mads Faurholt-Jorgensen氏
Groupon社はアジア市場に参入する事務を考えている。Groupon社にとってアジア市場(特に中国市場)は重要。


外部リンク

Rumor: Groupon Eyes Chinese E-commerce Market (ChinaTechNews.com)
http://www.chinatechnews.com/2011/01/09/12967-rumor-groupon-eyes-chinese-e-commerce-market

Groupon
http://www.groupon.jp/
http://www.groupon.com/
Amazon.co.jp : Groupon に関連する商品
  • 『食べチョク』ビビッドガーデン、VOYAGE VENTURESなどから増資を実施(8月10日)
  • 分譲マンション住まいのメリットもシェアリングの時代?!「シェアコム」誕生(8月9日)
  • オンラインで開催する「図書館マルシェ」8月分の募集開始(8月9日)
  • 500円で学べるオンライン学習サービス「スタディメーター」開始(8月8日)
  • 自動集客、ハンコ不要、月極駐車場もIT化へ(8月8日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->