ネットベンチャーニュース
2021年05月08日(土)
 ネットベンチャーニュース

iPhoneで顕微鏡写真なみの接写が可能!しかも、ひとしずくの水で

国内WEB
海外WEB
新着30件






























iPhoneで顕微鏡写真なみの接写が可能!しかも、ひとしずくの水で

このエントリーをはてなブックマークに追加
一滴の水でiPhoneカメラが激変!
iPhone4Sのカメラは8メガピクセル、“新”iPad(5メガ)より解像度が高い。が、まさか“超接写”まではできない。と、思われていた。ところが!
たった一滴の水だけ

で、iPhone4Sのカメラで「顕微鏡」並の写真が撮れるという。昆虫学者のAlex Wild氏が、サイト「SCIENTIFIC AMERICAN」で、その驚きのテクニックを公開した(12日)。

撮影方法は簡単過ぎるほど簡単だ。一滴の水をiPhone4Sのカメラレンズにたらす。そしてそれが落ちないように静かにiPhone4Sをひっくり返して、水滴が付いたままの状態で撮影する。それだけだ。

iPhone4S
幻想的な“しずく写真”
出来上がった写真は、中心部が顕微鏡写真並みの超クローズアップとなり、その一方で、水滴のため、周辺部はうっすらとにじみ、わずかにウエットな味わいとなる。Wild氏は、
“しずくレンズ”は幻想的

と記している。

美しい写真は「SCIENTIFIC AMERICAN」でご確認を(下部にリンク)。トライする場合はiPhone4S本体の水ぬれにはご注意を!記事で、Wild氏は出来上がった写真を見たいとコメントしている。Twitterでフォローし、“しずく写真”で交流するのも楽しいかもしれない(※1)。

iPhone4S
[編集子もトライ!50円玉の一部]

編集子の報告
この楽しいテクニック、早速トライしてみた。実は編集子はまだiPhone4(5メガ)。だが、結果は上に掲載の通りである!(※2)なお、水滴がうまくつかなかったので、粘性のあるオイルを使用した。撮る場合は、大胆に被写体に近づくのがコツのようだ。自己責任でお楽しみを!


※1.Alex Wild氏は昆虫学者であることにご注意を。つまり、氏の投稿する写真には昆虫がいっぱいである。しかも接写。昆虫が苦手な方は、閲覧は覚悟を持って。
※2.掲載の写真は、これでもダウンコンバートしている(238KB)。オリジナル(1.1MB)はもっと美しい。

外部リンク

SCIENTIFIC AMERICAN:Transform Your iPhone Into a Microscope: Just Add Water
http://blogs.scientificamerican.com/compound-eye/2012/03/12/transform-your-iphone-into-a-microscope-just-add-water/

Twitter:Alex Wild(@Myrmecos)
https://twitter.com/#!/Myrmecos
Amazon.co.jp : iPhone4S に関連する商品
  • コロナ禍でも安心!「ペッツオーライ」を、30日間無料で利用可能(5月8日)
  • 放射冷却を利用した新素材が、販売開始に(5月7日)
  • 仕事中の肩こり、腰痛を低減するサービスが試験提供開始に(5月5日)
  • 起業プラットフォーム「StartPass」、スタートアップコミュニティ「TC HUB」と連携(5月2日)
  • 在宅勤務の気分転換にもおすすめ!『空き家マンスリーネット』リリース(5月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->