ネットベンチャーニュース
2019年04月26日(金)
 ネットベンチャーニュース

まさに“どこでもドア”! 世界のGoogleストリートビューに放り出される「The Secret Door」

国内WEB
海外WEB
新着30件






























まさに“どこでもドア”! 世界のGoogleストリートビューに放り出される「The Secret Door」

このエントリーをはてなブックマークに追加
突然、海の底へ、ホワイトハウスへ!?
Googleのストリートビューで世界のさまざま風景を眺めるのは楽しいものだが、難点は、自分で特定の地域を選択するので、必ずしも意外な景色に行き当たらない場合もあるところ。本当に意外な場所に連れて行ってほしい!という向きに、うってつけのサイトをご紹介。

「The Secret Door(シークレット・ドア)」(下部にリンク)。これはまさにドラえもんの“どこでもドア”としか形容しようのないサイトだ。サイトを訪れると、そこには格調高い木製の扉。不思議な音楽も流れて来る。そして扉をクリックすると……。

世界のどこか、見たこともない景色が目に飛び込んで来る(なるべくブラウザの表示を大きめにしておくのがオススメ)。突然、異国のショップに放り込まれたり、ローマのコロッセオであったりと、「The Secret Door」は見るものをランダムに世界に連れ出してくれる。そこは海の底や雪山、はたまたホワイトハウスの中(!)やサウナの中の場合すらある。

ストリートビュー
カスタマイズできる「MapCrunch」
要するに、ランダムにGoogleのストリートビューが表示されるというサイトだが、仕組みはいたってシンプル。「VB」によれば、ひとつのページの中に別のページを表示できる「i-frame(インラインフレーム)」という技術を使っている。扉の絵にGoogleストリートビューのURLが埋め込まれており、それがランダムに変わるため、クリックするたびに別の場所へ飛べるという仕組み。現在、世界の90か所が登録されているという。

このシンプルだが、なかなかエキサイティングなサイトを作ったのは、どうやら「Safe Style」というイギリスの会社。IT関連の企業かと思いきや、家の“窓”(バーチャルでなく、現実世界の窓)を販売する会社のようだ。

ちなみに、ストリートビューを楽しめる似たようなサイトとして、「MapCrunch」(下部にリンク)がある。こちらも、日替わりで世界のどこかの景色がランダムに表示される。「The Secret Door」と異なるのは、地域や国、都会や屋内、などの選択肢も用意されているところ。ある程度、好みのポイントを絞り込むことが可能だ。

お好みのサイトでバーチャルトリップをお楽しみあれ!

外部リンク

The Secret Door
http://www.safestyle-windows.co.uk/secret-door/

MapCrunch
http://www.mapcrunch.com/

VB:‘The Secret Door’ uses Google Maps street view to remind us that everything is amazing (and we barely notice)
http://venturebeat.com/2013/02/17/the-secret-door

インラインフレームとは?
http://copicopi.com/iframe.html
Amazon.co.jp : ストリートビュー に関連する商品
  • 三井住友カード、法人キャッシュレス化支援の新ソリューションを発表(4月25日)
  • BCやAIが支える新たな音楽制作の現場!「soundmain」(4月7日)
  • ローソンが深夜の無人営業実験へ(4月1日)
  • ついに来た!革命間違いなしのGoogle「Stadia」(3月21日)
  • キャッシュレスでセルフ決済の「O:der Kiosk」、JR首都圏駅ナカ導入へ(3月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->