ネットベンチャーニュース
2021年01月26日(火)
 ネットベンチャーニュース

インスリン注射が自動で行える、画期的システム開発が開始される

国内WEB
海外WEB
新着30件






























インスリン注射が自動で行える、画期的システム開発が開始される

このエントリーをはてなブックマークに追加
皮下グルコース濃度をリアルタイムで測定
2020年11月17日、テルモ株式会社は、フランスのDiabeloop社と、インスリン自動投与制御システムの共同開発契約を結んだと発表した。

このシステムは、インスリン投与が必要な糖尿病患者に対し、リアルタイムで測定した皮下グルコース濃度により、インスリン投与が必要であるか否かを自動で判断し投与するものである。

なお、ただ単に投与するだけでなく、患者の状態に合わせたインスリン量も、ポンプを制御することでコントロール可能としている点が画期的である。
インスリン自動投与


投与制御アルゴリズムを盛り込んだ端末がカギ
このシステムには、1.投与制御アルゴリズムを搭載したスマートフォン型の専用端末、2.血糖値測定器、3.インスリン投与ポンプの3つから構成される。

1.は、患者の状態、血糖値推移を観察し、予め入力された食事や活動データを加味して、最適なインスリン投与量を割り出す。

2.は、患者の皮下グルコース量を測定し、1.にデータを無線通信にて送信する。

3.は、インスリン投与が必要とされた場合、1.で決定されたインスリン量を患者に投与する。

現在、インスリン投与は、糖尿病患者が決められた時間に、自分で腹部への注射にて行っているが、注射忘れや、投与量間違いを無くせるため、低血糖状態による昏睡などの重篤で危険な状態を予防することができる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

テルモ株式会社
https://www.terumo.co.jp/

Amazon.co.jp : インスリン自動投与 に関連する商品
  • Fukuoka Growth Next、スタートアップカンファレンス「CALLING」を2月開催(1月25日)
  • 悪質転売ヤーを駆逐!転売検知サービスが開始される(1月22日)
  • 企業紹介動画の需要増に対応する、自動動画生成サービスが開始される(1月21日)
  • 進学塾のオンライン授業が、4月より開校される(1月20日)
  • ベンチャーキャピタルのi-nest capital、日本暗号資産市場へ出資(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->