ネットベンチャーニュース
2020年07月14日(火)
 ネットベンチャーニュース

回線をシェアし、通信制限を回避。ベンチャープロパティ、「トビタツwifi」発表

国内WEB
海外WEB
新着30件






























回線をシェアし、通信制限を回避。ベンチャープロパティ、「トビタツwifi」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
回線容量を複数人でシェア
株式会社ベンチャープロパティは、2020年6月25日、新サービス『トビタツwifi』を発表した。

ベンチャープロパティは、スタートアップやベンチャー企業に向けて「オフィス移転の新しいカタチ」となるサービスを提供している企業。『トビタツwifi』は、回線容量を複数人でシェアし、管理の手間も省くことが可能なサービスとなっている。

ベンチャープロパティ
wifi通信環境の整備が整っていない現状
コロナ禍の影響により、テレワークは「新しい働き方」として急速に浸透しつつある。スタートアップやベンチャーにおいてもこの動きは広まっているが、同時に、wifi通信環境の整備が整っていない現状も浮き彫りにした。

スタッフ各員にポケットwifiをそれぞれ契約するのは、ベンチャー企業にとっては負担が大きい。また、スタッフそれぞれで使用頻度が大幅に異なるため、多くの無駄も生じる。こうした課題を、回線のシェアという形で解決するサービスとして『トビタツwifi』は開発された。

加速するテレワークへの新提案
『トビタツwifi』は、ベンチャープロパティ指定のモバイルルーターおよび通信SIMにより構成される。通信SIMは、グループでデータ量のシェアすることができ、個人差がある使用量を平均して管理することも可能。料金を低額に抑えると共に、管理の簡素化により通信制限の回避も容易となっている。

ベンチャープロパティは、加速するテレワークへの新提案として『トビタツwifi』を展開するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

データ量を分け合える『トビタツwifi』 - 株式会社ベンチャープロパティ
https://www.ventureproperty.jp/post/_wifi


Amazon.co.jp : ベンチャープロパティ に関連する商品
  • 養豚業のデジタル化、実証プロジェクト開始(7月13日)
  • 読む速度2.5倍アップも、「読書アシスト」を無償提供(7月13日)
  • DX支援ベンチャー・テックタッチ、第三者割当増資により5億円を調達(7月13日)
  • スタートアップなどが対象のブランディングサービス「FAST BRANDING」提供開始(7月13日)
  • 三景スタジオグループ、LINEによるオンライン相談を全店舗運用開始(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->