ネットベンチャーニュース
2020年08月06日(木)
 ネットベンチャーニュース

表現者の活動に役立つ演劇Laboオンラインサービスを提供

国内WEB
海外WEB
新着30件






























表現者の活動に役立つ演劇Laboオンラインサービスを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
スキルアップから実践まで、すべてオンラインで
株式会社 Link to the Future(以下、Link to the Future)では、「演劇Laboオンラインサービス」を提供し、俳優、ダンサー、モデルなどの表現者に役立つサービスをオンラインで実施している。

表現者は、このシステムにより、学びから実践まで、すべての過程をオンラインで実現できるという。

一つ目のサービスは、表現者を対象にした定額制の「演劇Laboオンラインスクール」で、スキルやマインド、戦略やテクニックなど、表現者に必要とされるものを24時間いつでも学ぶことができる。

二つ目は、キャスティング側と表現者をつなぐプラットフォーム「演劇Laboオンラインサービス」で、製作者が出演者の自己PR動画によって人材を探せるサービスとなっている。

演劇Labo
ウィズコロナの時代においても便利なサービス
「演劇Laboオンラインスクール」では、大人数でのオーディションやワークショップが困難な状況においても、オンラインで学び続けることができる。

月額500円で、好きな時に学ぶことができ、講座の内容は、演技、アクション、殺陣、歌、ミュージカル、成功のためのマインドコーチングなどがある。

「アルバイトなどで、技術を磨く時間が限られてしまう」「他の人とは異なる方法でスキルアップを目指したい」「地方に住んでいてレッスン受講が難しい」という方にもおすすめの内容となっている。

一方、「演劇Laboオンラインキャスティング」では、キャストは自身のPR動画を作って掲載し、キャスティング側はその動画を見て、出演者を選ぶことができる。書類選考や一次面接の代わりとして、この動画を使うことができるという。

「演劇Laboオンラインキャスティング」のキャスト登録料は、初回のみ税抜き5,000円で、月額掲載料および案件検索は税抜き1,000円となっている。

なお、キャスティング・製作会社側の登録は無料で、キャスティングにかかる時間や業務を減らして、効率よく選考することが可能となる。

Link to the Futureでは、ウィズコロナの時代において、稽古場が使いづらい状況でも、表現者たちが活動の幅を広げてスキルアップを目指すために、このサービスを役立ててほしいと考えている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社Link to the Future プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/


Amazon.co.jp : 演劇Labo に関連する商品
  • ゲーム業界特化の案件紹介サービス提供開始(8月6日)
  • マウンテンゴリラ、資金調達1億円の実施を発表(8月5日)
  • WhiteBox、京大発のAIベンチャー・Linferと共同研究を開始(8月4日)
  • フィンチジャパン、ビジネスフロンティア開拓事業を主軸に(8月4日)
  • eスポーツ専用施設の「BASARA」をグランドオープンする株式会社BASARAと業務提携(8月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->