ネットベンチャーニュース
2020年11月26日(木)
 ネットベンチャーニュース

ロボット開発のキビテク、6,840万円の資金調達実施を発表

国内WEB
海外WEB
新着30件






























ロボット開発のキビテク、6,840万円の資金調達実施を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
資金調達を実施
AIロボットの開発を行う株式会社キビテク(以下、キビテク)は2020年9月18日、第三者割当増資(引受先:株式会社シンク・アイ・ホールディングス、株式会社匠、株式会社ウイルテック)により、6,840万円の資金調達を実施したことを発表した。

調達した資金は、キビテクが開発を進めている高度自律型遠隔制御システム(以下、HATS)の本格リリースに向け、ソフトウェア開発とオペレーションセンター体制の構築を加速させていく。

株式会社キビテク
「HATS」について
近年、自律型のAIロボットが様々な現場で活躍を始めているが、異常状態には対応できない現状がある。そのため自律ロボットの導入を躊躇する場合や、導入できる業務が限定されてしまうことも課題であった。

また既に導入済みの場合でも、ロボット停止時の復旧作業は現場で行うため、運用効率の低下も見受けられた。

キビテクが開発中の「HATS」は、1人の遠隔オペレーターが簡単な操作で、複数の自律ロボットの操作や状態の確認が行えるシステムだ。これにより停止したロボットの復旧対応等が効率的に行えるようになる。

今後は来年度のリリースに向け「HATS」の開発を進めると共に、新たなテレワークの形を創造していく。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社キビテク プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000065626.html


Amazon.co.jp : 株式会社キビテク に関連する商品
  • FACTORIUM、ファシリティマネジメント業務支援「builbo」のβ版を提供開始(11月26日)
  • 宇宙スタートアップ・Synspective、衛星「StriX-α」の打ち上げ日程を発表(11月26日)
  • オンラインで「立ち話」ができる商談ツールを提供開始(11月26日)
  • 完全オンラインの「東大教室」が森田鉄也氏を迎えて第二回を実施(11月25日)
  • AIカメラの社会実装を加速。北大発ベンチャーのAWL、菊池製作所と提携(11月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->