ネットベンチャーニュース
2020年10月28日(水)
 ネットベンチャーニュース

42言語対応の「AI自動翻訳サービス」を提供開始

国内WEB
海外WEB
新着30件






























42言語対応の「AI自動翻訳サービス」を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
高精度のAI翻訳サービス
株式会社高電社(以下、高電社)は、2020年9月16日、ニューラルネットワークを利用した高精度のAI翻訳サービス「kode-AI翻訳 Officeクラウド」を発売することを発表した。

発売は2020年10月2日で、42言語対応の法人向け・年額制のクラウド翻訳サービスである。

AI翻訳サービス
機械と人の融合
高電社は、1980年代から多言語IMEやルールベースに基づく手法で翻訳エンジンを開発してきた。

今回開発した翻訳サービスは、知財、法律、経済などあらゆる分野の対訳データを10億ペア相当の単位でAIに学習させ、高い精度を発揮する。

利用する際は、PDFファイルなどをドラッグ&ドロップすることで簡単に翻訳できる。また、翻訳されたファイルは1週間後に自動的に削除されるため、セキュリティ面でも流出リスクを最小限に抑える。

高電社は、機械と人の融合による最高品質の翻訳サービスを提供することで、「言語の壁を越え、世界中の人々の心と心をつなぐ」ことを目指す。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社高電社 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/225403


Amazon.co.jp : AI翻訳サービス に関連する商品
  • 三菱重工、ベンチャーとの共創空間「Yokohama Hardtech Hub」開設(10月28日)
  • プレシャスパートナーズ、ベンチャーの採用を説くオンラインセミナーを11月開催(10月28日)
  • デジタルベースキャピタル、「PropTech JAPAN Vision」提供開始(10月27日)
  • 丸紅ベンチャーズ、フラッシュメモリのIPコアを開発するフローディアに出資(10月27日)
  • 電力データを活用するサービス開発に向け、電力会社が資本提携開始(10月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->