ネットベンチャーニュース
2020年10月28日(水)
 ネットベンチャーニュース

「ととのう」をコンセプトにしたフルリモート企業を設立

国内WEB
海外WEB
新着30件






























「ととのう」をコンセプトにしたフルリモート企業を設立

このエントリーをはてなブックマークに追加
ととのえることの大切さが増す現代
エストニア共和国にフルリモート企業の「totonoü」が設立された。

totonoüは、「心とビジネスがととのう」をテーマにした企業で、第1弾の事業として、新規事業がととのう仮説検証パッケージの提供をスタートした。

totonoüは、物や情報が溢れてストレスを抱えやすい現代において、「ととのえる」ということの大切さが増していると考えている。

気持ちや呼吸をととのえるヨガ、体型や体調をととのえるジムやサウナなどのように、企業では、経営目標や情報、業務過程など様々なことを「ととのえる」ことが大事だという。

totonoüの拠点となるエストニアでは、森林浴やサウナなどで「ととのえる」ことを大切にする国民が、スタートアップ企業で組織や情報を日々ととのえながら事業を展開し、Skypeほか、グローバルな企業を多数輩出している。

ととのう
新しい事業の必要性を検証
totonoüでは、ととのえることを専門とするメンバーが世界各地からリモートで勤務しており、従業員にはサウナ手当が支給されている。

第1弾事業となる、新規事業がととのう仮説検証パッケージは、事業が本格的に展開される前に、プレスリリースやウェブページ、オンライン広告などを作成することで、市場の反応を早い段階で獲得し、新しい事業の必要性の検証を実現できる。

2週間から1ヶ月程の検証期間終了後、ランディングページの訪問者数や、メールの登録者数、資料のダウンロード数などがレポートにまとめられて送信される。

なお、totonoüでは、このサービスのスタートにあたり、先着5事業者を対象に割引価格での案内をしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

totonoü プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/


Amazon.co.jp : ととのう に関連する商品
  • デジタルベースキャピタル、「PropTech JAPAN Vision」提供開始(10月27日)
  • 丸紅ベンチャーズ、フラッシュメモリのIPコアを開発するフローディアに出資(10月27日)
  • 電力データを活用するサービス開発に向け、電力会社が資本提携開始(10月26日)
  • 大阪大学ベンチャーキャピタル、粒子測定技術のアイポアに追加投資(10月26日)
  • アフラック、ゲノム医療情報ベンチャーのGenomediaに出資(10月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->