ネットベンチャーニュース
2020年10月27日(火)
 ネットベンチャーニュース

印鑑とデジタルの共存、CryptoPieが次世代押印システムの開発を発表

国内WEB
海外WEB
新着30件






























印鑑とデジタルの共存、CryptoPieが次世代押印システムの開発を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
老舗印章店と共同開発
ブロックチェーンコンサルティング事業を展開する株式会社CryptoPie(以下、CryptoPie)は2020年10月12日、次世代の押印記録システム「Iohan」を開発したと発表した。

CryptoPieがもつ特許技術の活用により、印影をデジタル化するのではなく、実物の印鑑とデジタルの共存を可能にしたシステムだ。なお「Iohan」は、印章業を営む株式会社松島清光堂(以下、松島清光堂)との共同開発によるものとなっている。

株式会社CryptoPie
「Iohan」開発の背景
テレワークやDXの取り組みにより、脱ハンコや印鑑のDX化が話題となっている。電子印鑑の普及は進んでいるものの、実物の印鑑と電子印鑑が二極化している現状である。

このような背景を受けCryptoPieは、印鑑の押印事実を、さまざまな情報と共にブロックチェーンに記録・共有させる技術を発明し、松島清光堂と共同で「Iohan」を開発した。

「Iohan」は押印した日時や場所を自動で記録し、スマートフォンアプリによって押印事実の履歴管理も行えるシステムである。既存の印鑑もアタッチメントで使用可能となり、実物の印鑑とデジタルの共存を実現した。

今後は「Iohan」の普及を通して、印章業界における、DX化の課題を解決へと導いていく。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社CryptoPie プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000059048.html


Amazon.co.jp : 株式会社CryptoPie に関連する商品
  • 電力データを活用するサービス開発に向け、電力会社が資本提携開始(10月26日)
  • 大阪大学ベンチャーキャピタル、粒子測定技術のアイポアに追加投資(10月26日)
  • アフラック、ゲノム医療情報ベンチャーのGenomediaに出資(10月26日)
  • 新型コロナの治療薬に、iPS細胞を利用(10月25日)
  • オンライン懇親会で、こだわった食事が選べるチョイスプランがスタート(10月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->