ネットベンチャーニュース
2018年12月10日(月)
 ネットベンチャーニュース

国産Webブラウザの「Kinza」、Chromium 52に対応のアップデートを実施

国内WEB
海外WEB
新着30件






























国産Webブラウザの「Kinza」、Chromium 52に対応のアップデートを実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新バージョン3.3.0を公開
デベロッパー・エージェントとして自社発信の独自ソフトウェア開発・運用などを手がけるDayz株式会社は17日、同社のオリジナル国産Webブラウザ「Kinza」の最新バージョンとなる「Ver.3.3.0」をリリースした。Chromiumのメジャーバージョンアップに対応したバージョンで、対応OSはWindows 7以降、Mac OS X 10.10以降となっている。

「Kinza」は、毎日使うものだからこそ、便利で安全な、自分好みのブラウザを手にしたいというユーザ目線の発想から、“ユーザの声で進化するWebブラウザ”を掲げて生み出された、Google Chromeを支える「Chromium」ベースの国産Webブラウザ。最新版は、8月3日に公開された安定版「Chromium 52.0.2743.116」に対応している。

また、タブを縦表示に設定した場合、これまではサイドバーに表示される仕様となっていたが、今回、サイドバーとは独立して表示されるようになった。この縦タブ使用時に余白のダブルクリックで、新しいタブを開く機能も追加されている。タブを開く状態は、好みでアクティブ/非アクティブを設定することが可能だ。開かれるタブの位置、アクティブタブを閉じた後の表示位置も選択できる。

Kinza
サイドバー改善とタブ周り強化を中心にアップデート
サイドバー関連では、右置き設定が可能となったほか、上側にあった切りかえボタンを左側配置スタイルとすることで、Web表示領域とサイドバーの表示領域を揃え視認性をアップさせるなど、見た目と操作性における改善が図られた。ブックマークや履歴での検索に対応したほか、ブックマークの名前変更でURLも変更できるといった修正・改善も施されている。

ほかに、独自実装のRSSリーダー機能をツールバー設定から独立させ、専用設定画面を追加した。シークレットモードでの起動やダウンロードマネージャーからのファイル削除といった新機能の追加もみられる。なお起動オプションの一部でエラー発生が起きていた不具合も修正したという。

開発チームによると、これら新機能や改良の多くは、ユーザからの要望によるものであるといい、今後もユーザの声をもとに改善を図っていきたいとして、新たに実装した機能についてはもちろん、提案・要望などがあれば、「要望やバグ報告」へ投稿してほしいと呼びかけている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Kinza開発ブログ 発表記事(プレスリリース)
https://www.kinza.jp/blog/2016/08/17/

「Kinza Version 3.3.0 」 ダウンロードページ
https://www.kinza.jp/download/

Amazon.co.jp : Kinza に関連する商品
  • 全国初!神奈川県が税金支払いに「LINE Pay」を導入へ(11月17日)
  • 「人事労務freee」がSlackと連携、より使いやすく!(11月8日)
  • コールセンター向け自動応答サービスの発話認識率が大幅アップ!(10月28日)
  • 貸出も返却もタッチパネル操作だけ!まさに未来系な無人図書館(10月19日)
  • 手と顔、スマホでOK!より安全・便利な手ぶら決済を叶えるPBI技術(10月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->