ネットベンチャーニュース
2022年05月25日(水)
 ネットベンチャーニュース

忘新年会シーズン必携?!「駅すぱあと」に「酔っ払いモード」

国内WEB
海外WEB
新着30件






























忘新年会シーズン必携?!「駅すぱあと」に「酔っ払いモード」

このエントリーをはてなブックマークに追加
酔っ払っていてもすぐに帰宅経路をチェックできる!
株式会社ヴァル研究所は29日、同社の提供する乗り換え案内サービス「駅すぱあと」のスマートフォン専用サイトにおいて、新機能となる「酔っ払いモード」を追加したことを発表した。酔っ払っていても実行しやすい簡単なワンタップ操作で、現在地から自宅への最終経路と終電時間をチェックできる。

これからのシーズンは、年末年始の忘年会・新年会など飲み会が最も頻繁に行われる時期にあたる。平日、仕事終わりの飲み会などでは、まず気になるのが帰りの電車の終電だ。ヴァル研究所が実施した調査でも、「酔っ払ってスマートフォンの操作がうまくできず、終電を検索するのがおっくうだった」、「飲み会中、盛り上がっているのに終電が気になって検索した」など、終電に関する悩みや課題が多くみられたという。

そこでこうした悩みを解消すべく、スマートフォン専用の乗り換え案内サイト「駅すぱあと」において、忘年会帰りのサラリーマンや飲み会帰りの大学生など、楽しく酔っ払った人の利用を想定し、新開発の「酔っ払いモード」をリリースしたという。

駅すぱあと
終電時間までのカウントダウン機能も
「酔っ払いモード」では、現在地から自宅まで最も運賃が安くなる経路の終電時間をワンタップで確認できる。初回利用時には、トップページで「モード」をタップし、「酔っ払いモード」を選択した後、自宅の最寄り駅を入力・設定しておく必要があるが、一度登録すれば、次回以降は「モード」をタップするだけで、端末のGPS位置情報から自動で現在地データを取得、それに基づいた終電情報を提供してもらえる。

自宅最寄り駅は最大3駅まで登録できる。利用においては、現在地特定のため、端末の位置情報(GPS)設定をあらかじめオンにしておくことが必要だ。

酔っ払っていても見やすい、はっきりとした大きな文字で終電時間を確認できるほか、「詳細な経路はこちら」をタップすると、終電経路や乗り換え情報も見ることができる。さらに終電時間まで、あと何時間かを示すカウントダウン機能もあり、便利に使える仕組みとなっている。

ヴァル研究所ではさらに、終電の30分前など、ユーザーが指定した時間にその旨を知らせる通知機能を追加するといった機能拡張も予定している。

スマートフォン専用の「駅すぱあと」は、月額サービスとして提供されており、この「酔っ払いモード」を利用するには、月額216円(税込)の「プレミアムコース」を契約する必要がある。ただし、auスマートパス会員であれば、「駅すぱあと」も「酔っ払いモード」も追加料金なしで使用できる。

シーズンタイムリーな便利機能だが、あくまでもお酒は“楽しく適量を”と心がけたい。安心感からの飲み過ぎや失敗にはくれぐれもご注意を。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ヴァル研究所によるプレスリリース(アットプレス)
https://www.atpress.ne.jp/news/117292

「酔っ払いモード」 案内ページ
http://ad-info.val.jp/lp/yopparaimode/

Amazon.co.jp : 駅すぱあと に関連する商品
  • 面倒なパスワード入力の代わりに顔認証でサインオン(5月21日)
  • 企業内ベンチャー新設立で、マンションコミュニティーが充実(5月16日)
  • 最先端の量子コンピュータ技術を物流効率化に利用(5月14日)
  • Spotifyもメタバースへ参入!「Spotify Island」(5月9日)
  • 00XY番号自動付与サービスで音声通話料金が安くなる!(5月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->