ネットベンチャーニュース
2020年04月03日(金)
 ネットベンチャーニュース

Twitter、ツイート文字数を280字までに拡大する試験を開始

国内WEB
海外WEB
新着30件






























Twitter、ツイート文字数を280字までに拡大する試験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
より伝えたいことをそのままに伝えやすく
米Twitter社は現地時間の26日、ツイートの文字数を140文字から280文字までに拡大するテストを開始すると発表した。伝えたい内容が表現しきれず、まとめるのに困難を生じたり、投稿を諦めたりしてしまうケースをなくしていきたいとしている。

テストは、ごく限られたユーザーが対象となるが、言語は日本語、中国語、韓国語以外になる。これら3言語を除くことについて、各言語の特色を理由に挙げており、日本語などでツイートしようとするのに比べ、英語やスペイン語、ポルトガル語、フランス語など他の言語では、140文字で伝えられる情報量が半分程度となってしまうと説明している。

Twitter
言語間の違いによる表現フラストレーションを改善へ
Twitter社の分析によると、日本語の場合、全体のツイートの中で1ツイートが文字数制限最大の140文字に達しているのは、わずか0.4%である一方、英語によるツイートでは、全体のうち9%が140文字に達していた。また、日本語ツイートの文字数が15文字でピークに達し、多くがそうした短い表現で投稿されているのに対し、英語では34文字がなだらかな山のピークと、長めにしか表現できていないことも判明している。

独自の調査により、英語でツイートするユーザーにとって、文字数制限がフラストレーションを引き起こしている一方、日本語ユーザーでは、あまりそうした問題が起きていないことも明らかとなり、140文字以内でも表現に余裕がある言語の方が、より投稿も行われやすいことが分かったともした。

簡潔さとリアルタイム性、短いからこそダイレクトに伝わるスタイルといった、Twitterの信条を変更することは今後もあり得ないが、よりどんな言語でも等しく豊かに表現しやすい環境、活発なやりとりができる環境を構築していくため、今回のテストを実行し、改善の検討材料としたいという。

140文字で浸透したTwitterが、今後どのように変化を遂げていくのかにも注目が集まっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Twitter Blog 発表記事(プレスリリース)
https://blog.twitter.com/

Amazon.co.jp : Twitter に関連する商品
  • Pinterest、注目の話題を簡単表示する新タブを追加(3月27日)
  • Osaka Metroと住友商事、鉄道トンネル内5G基地局シェアリングの実証実験へ(3月5日)
  • シスコ、Web会議システムの90日間無償プログラムを公開(2月26日)
  • 「GREEN FUNDING」と「Kibidango」が連携!CF支援者をより集めやすく(2月17日)
  • 契約の世界に風穴を!Holmesと弁護士ドットコムが提携(2月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->