ネットベンチャーニュース
2019年09月16日(月)
 ネットベンチャーニュース

デジタルガレージ、Blockstream社と正式提携しブロックチェーン事業拡大へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























デジタルガレージ、Blockstream社と正式提携しブロックチェーン事業拡大へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーン活用の開発支援プラットフォームを!
株式会社デジタルガレージは21日、カナダ・モントリオールを拠点に、ブロックチェーン関連技術の開発を進めるテクノロジー企業Blockstream社と、日本における事業連携について、正式な契約を締結したことを明らかにした。

デジタルガレージとBlockstream社は、すでに今年2月、次世代プラットフォーム技術の共同開発で基本合意していたが、今回はそれをベースとしてさらに両社の戦略的技術提携を強化する目的で正式な提携を結んだものとなっている。今後は、日本市場におけるブロックチェーン技術の活用を推進していくほか、デジタルガレージがBlockstream社の窓口となって、同社の国内事業展開支援にあたっていくという。

まず、デジタルガレージでは、自社の研究開発組織「DG Lab」において、Blockstream社の基盤技術をベースとして、ブロックチェーン関連の技術開発を加速させ、さまざまなシーンでのブロックチェーン応用サービス開発に活用できるプラットフォームを日本市場向けとして創出することを目指す。

10月10日に発表済みの、ブロックチェーン上での独自仮想通貨発行が可能な決済システム向け汎用フレームワーク「DG Lab DVEP(Digital Value Exchange Platform)」が第1弾プロジェクトとなり、高い信頼性と透明性をもったデジタル価値の交換プラットフォームとして、早期の実用化、正式提供の開始に努めていくとしている。

ブロックチェーン
地方創生に自動運転、ヘルスケアなど生活に密着して広がるブロックチェーン
FinTech分野としては、銀行間金融市場で仲介事業を展開する東京短資株式会社との協業も行い、ブロックチェーンを活用した地域通貨の発行・流通サポートや、仮想通貨OTC市場への事業展開を進める方針であることも発表した。共同開発を進めるにあたり、東京短資のエンジニアが「DG Lab」に加わることも明らかにされている。

さらにデジタルガレージでは、Blockstream社の日本市場展開窓口となることで、「DG Lab DVEP」を軸に、金融関連のFinTech市場サービスだけでなく、地方創生に向けた地方自治体・行政と連携して進める新規事業、AIによる自動運転や自動車関連のビッグデータを活用する事業、ヘルスケア市場での新サービスなど、さまざまな分野へとブロックチェーン技術の応用を進め、新たな価値を提供するビジネス創出に力を入れていく予定ともしている。

ビットコインなどの仮想通貨はもちろん、さまざまな分野から熱い視線が注がれるブロックチェーン技術だが、デジタルガレージでは、今後同業界のイノベーションをリードする確かなテクノロジー基盤やブロックチェーンベースの金融アプリなどの開発が不可欠となると判断、Blockstream社とのより強固な連携体制で臨んでいくことを決めた。同社の今後の動向が注視されるだろう。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社デジタルガレージ プレスリリース
http://www.garage.co.jp/ja/pr/20171121_bs.pdf

Amazon.co.jp : ブロックチェーン に関連する商品
  • 聴診器をデジタル化!約200年ぶりの進化に?(8月9日)
  • スマートリモコンのNature、大型資金調達でエネルギー事業へ本格参入も(8月4日)
  • SmartHRが約61.5億の資金調達に成功、今秋には新分析ツール提供へ(7月23日)
  • JR東日本、簡単・便利な「スマホ定期券」モニタリングを実施へ(7月13日)
  • 最も安い旅をAIで!「atta」正式リリース(7月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->