ネットベンチャーニュース
2021年06月19日(土)
 ネットベンチャーニュース

東京藝大発ベンチャー、バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」運営開始

国内WEB
海外WEB
新着30件






























東京藝大発ベンチャー、バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」運営開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち
each tone 合同会社は、2021年5月20日、会員制バーチャル墓地サービス『viz PRiZMA』の運営を開始したと発表した。

同社は、東京藝術大学発のベンチャーであり、アートプロジェクトによる社会課題の解決に取り組む企業。『viz PRiZMA』は、虹彩データの活用により「アーティストと創る、新しい“偲び”のかたち」を実現するサービスとして、開発されている。

バーチャル墓地
虹彩データを活用し、芸術作品を創造
『viz PRiZMA』は、「バーチャル墓地」「コミュニティ」「プラットフォーム」という3軸で運営される。

「バーチャル墓地」では、虹彩データを活用することで会員の独自性・唯一性を象徴する芸術作品を創造。伝統的な弔いの概念を継承しつつ、芸術性を前面に出した墓地が制作される。「コミュニティ」では、芸術領域を中心としたセミナーなどを通じて「限りある時間」をより良く生きるための取り組みを推進。「プラットフォーム」では、ブロックチェーンを用いて生きた証しが未来の子孫に伝えられる。

説明会に参加した後、所定の手続きを経て入会
『viz PRiZMA』のビジュアル・デザインは、東京藝術大学デザイン科出身の小島沙織氏と島田耕希氏が担当。ブロックチェーン技術については、クリエイター作品のn次流通を支えるArtree合同会社より提供を受けるという。

なお『viz PRiZMA』は、説明会に参加した後、所定の手続きを経て入会するシステムとなっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

viz PRiZMA - each tone 合同会社
https://www.viz-prizma.com/

東京藝大発ベンチャー、虹彩データを用いた「バーチャル墓地」サービスを開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p


Amazon.co.jp : バーチャル墓地 に関連する商品
  • 大学とIT企業が量子コンピュータ普及に向け協定を締結(6月18日)
  • 自動車メーカー系ベンチャーが、視覚障碍者向けナビを開発する(6月16日)
  • ベンチャー120社が5分プレゼンを展開。「ものすごいベンチャー展」7月開催(6月13日)
  • サムライインキュベート、ヒューマンエラー防止システムのCorrActions社に出資(6月12日)
  • 「SOKUYAKU」に新機能「来店予約機能」追加(6月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->