ネットベンチャーニュース
2021年08月05日(木)
 ネットベンチャーニュース

遺伝子組み換え無しで、代替え肉原料開発を開始

国内WEB
海外WEB
新着30件






























遺伝子組み換え無しで、代替え肉原料開発を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業と大学で食糧難の研究に取り組む
2021年6月7日、ネクストミーツ株式会社(以下 ネクストミーツ)は、長岡技術科学大学(以下 長岡技術大)と共同研究を行うことで合意し研究契約を結んだと発表した。

ネクストミーツは、植物を利用した食用代替え肉を日本のみならず、台湾、シンガポール、ベトナムなどのアジア圏を中心に世界中に販売展開する会社として知られているが、バイオテクノロジーを活用し、より開発の幅を広げようというものである。

なお、この研究は、将来懸念される人口増加による食糧難を見据え、打開策と考えられ有効な対応策の一つとして有望視されている。
食用代替え肉

遺伝子発現を利用するメリット
今まで遺伝子操作した大豆などの植物は存在したが、健康への影響を懸念する声が多く、普及に滞りがみられた。

一方今回は、遺伝子操作するのではなく、遺伝子の発現スイッチを変化させるという方法で、代替え肉の原料として適した植物を開発しようというのが目的である。

この技術は、エピジェネティクスと呼ばれ、長岡技術大で研究されているが、DNAに手を加えないことから人や動物に対しても、不安が無く、安心した食材開発が可能になると期待されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ネクストミーツ株式会社
https://nextmeats.co.jp/message

Amazon.co.jp : 食用代替え肉 に関連する商品
  • 五輪声援をAIで可視化!「UNION OF EMOTIONS」(8月3日)
  • スペースマーケット、国内初のオンライン紛争解決サービスを開始(8月1日)
  • マッチングサービス「オミカレLive」に新機能『通話予定機能』追加(8月1日)
  • 自動車大手メーカーが、自動運転用高精度マップ作製企業を買収(7月31日)
  • 「FairWork survey」、HRテクノロジー大賞でスタートアップ賞獲得(7月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->