ネットベンチャーニュース
2021年08月05日(木)
 ネットベンチャーニュース

バイオ関連開発が、将来の環境負荷低減に役立つ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























バイオ関連開発が、将来の環境負荷低減に役立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
天然資源への依存度を低下させる目的
2021年7月7日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下 NEDO)は、バイオに関連する研究テーマの採択を行い14件の研究開発テーマを採択した。

植物を原料とした医薬品の製造、樹脂製品などの原料をバイオマスに代替えするなど、現在の天然資源を原料とした依存度の低下を目的とし、バイオ原料に由来する製品の実用化を目指すこととなる。

なお、バイオ由来の原料の特徴として、使用後に無害な物質に戻り再生することができ、カーボンリサイクル実現が可能という利点を備えており、社会への貢献も目的として挙げられている。
バイオ由来製品開発
現状では、バイオ原料はコストが見合わない
植物や微生物などの生物由来の原料や、それを利用した技術は、省エネルギーや環境負荷の観点からは、非常に有効なものであるということが明確になっている。

一方で、現在の技術では、コストが掛かりすぎるデメリットが存在しているのが実情で、採算性が大きなネックになっている。

今回は、このコストを下げることを目的とし、かつ、生産性をいかに上げられるかを研究するもので、バイオ関連製品の生産基礎となるものを創ろうという狙いがある。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NEDO
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101456.html

Amazon.co.jp : バイオ由来製品開発 に関連する商品
  • 五輪声援をAIで可視化!「UNION OF EMOTIONS」(8月3日)
  • スペースマーケット、国内初のオンライン紛争解決サービスを開始(8月1日)
  • マッチングサービス「オミカレLive」に新機能『通話予定機能』追加(8月1日)
  • 自動車大手メーカーが、自動運転用高精度マップ作製企業を買収(7月31日)
  • 「FairWork survey」、HRテクノロジー大賞でスタートアップ賞獲得(7月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->