ネットベンチャーニュース
2022年09月29日(木)
 ネットベンチャーニュース

バイオ関連開発が、将来の環境負荷低減に役立つ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























バイオ関連開発が、将来の環境負荷低減に役立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
天然資源への依存度を低下させる目的
2021年7月7日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下 NEDO)は、バイオに関連する研究テーマの採択を行い14件の研究開発テーマを採択した。

植物を原料とした医薬品の製造、樹脂製品などの原料をバイオマスに代替えするなど、現在の天然資源を原料とした依存度の低下を目的とし、バイオ原料に由来する製品の実用化を目指すこととなる。

なお、バイオ由来の原料の特徴として、使用後に無害な物質に戻り再生することができ、カーボンリサイクル実現が可能という利点を備えており、社会への貢献も目的として挙げられている。
バイオ由来製品開発
現状では、バイオ原料はコストが見合わない
植物や微生物などの生物由来の原料や、それを利用した技術は、省エネルギーや環境負荷の観点からは、非常に有効なものであるということが明確になっている。

一方で、現在の技術では、コストが掛かりすぎるデメリットが存在しているのが実情で、採算性が大きなネックになっている。

今回は、このコストを下げることを目的とし、かつ、生産性をいかに上げられるかを研究するもので、バイオ関連製品の生産基礎となるものを創ろうという狙いがある。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NEDO
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101456.html

Amazon.co.jp : バイオ由来製品開発 に関連する商品
  • 送迎バスにおける取り残しを完全に防ぐサービスを開始(9月26日)
  • 下水由来のバイオガスからメタンガスを精製する設備を開発導入へ(9月21日)
  • CF成功のユニーク商品が手軽に買える!MakuakeがECへ本格参入(9月21日)
  • 中性子照射で藻の二酸化炭素吸収力や燃料油脂生産能力をUPする実験を開始(9月16日)
  • AI建物管理クラウドのTHIRD、累計資金調達額30億円突破(9月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->