ネットベンチャーニュース
2022年09月29日(木)
 ネットベンチャーニュース

世界初!東大発ベンチャーが、温度と振動モニタリングデバイス実験に成功

国内WEB
海外WEB
新着30件






























世界初!東大発ベンチャーが、温度と振動モニタリングデバイス実験に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
有機半導体を利用したフィルムデバイスを採用
2021年7月1日、三井不動産株式会社(以下 三井不動産)と、パイクリスタル株式会社(以下 バイクリスタル)は、有機半導体を利用したフィルムデバイスにて、長距離輸送中の温度と振動を観測する実験に成功したと発表した。

このデバイスは、東大発ベンチャーであるバイクリスタルが開発し、製造、販売も行っている。

三井不動産は、自社が運営する千葉県柏市にある「柏の葉スマートシティ」と、大阪府のバイクリスタル分室との輸送にて実験環境を提供し、AIやIoTを活用した街づくりへの活用を検討している。
有機半導体フィルムデバイス

輸送時の衛生管理が義務化された
近年、巣ごもり需要の影響もあり、物流に対する要求が高まっているが、生鮮食品や医薬品などは、安心安全の実現のため2021年6月から衛生管理することが義務化された。

しかし、輸送中の温度や振動の管理は、コスト的な観点から十分とは言えない状況であった。

この問題に対し、バイクリスタルが開発した、有機半導体を使った安価なタグにて、温度と振動のデータ取得が可能になり、今回の実験に至った。

このタグが量産化されれば、輸送トレースが可能になり、より安心して商品を運ぶことが可能になると考えられている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

三井不動産株式会社
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/0701/

Amazon.co.jp : 有機半導体フィルムデバイス に関連する商品
  • 送迎バスにおける取り残しを完全に防ぐサービスを開始(9月26日)
  • 下水由来のバイオガスからメタンガスを精製する設備を開発導入へ(9月21日)
  • CF成功のユニーク商品が手軽に買える!MakuakeがECへ本格参入(9月21日)
  • 中性子照射で藻の二酸化炭素吸収力や燃料油脂生産能力をUPする実験を開始(9月16日)
  • AI建物管理クラウドのTHIRD、累計資金調達額30億円突破(9月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->