ネットベンチャーニュース
2022年01月29日(土)
 ネットベンチャーニュース

全個体電池性能劣化を防ぐ技術の開発に成功

国内WEB
海外WEB
新着30件






























全個体電池性能劣化を防ぐ技術の開発に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
空気中の水蒸気が電極材を劣化させる
2022年1月7日、東京工業大学物質理工学院応用化学系の小林成大学院生と一杉太郎教授は、東京大学、産業技術総合研究所と共同で、全個体電池の電極材が大気中の水蒸気により劣化することに対し、解決策を発見した。

全個体電解質と電極で形成される界面抵抗が上昇するためであるが、劣化状態のものを150℃程度に加熱処理することで、大気に暴露しない状態で作製した全個体電池と同等の抵抗値に戻せることを発見した。

メカニズムとしては、水蒸気でリチウムイオンの移動を妨げる状態、つまり劣化した状態のプロトンと呼ばれる水素イオンを加熱で除去することにより改善する仕組みである。
全個体電池
安全性を高めた全個体電池
現在、車載電池としてリチウムイオン電池が搭載されているが、事故や不良で発火や火災にいたるケースが見受けられる。

また充電に関しても、急速充電を行っても満充電まで数時間掛かり、ガソリン車のように使えないという難点がある。

これらの問題に対し、全個体電池では安全性と急速充電性能でリチウムイオンイオン電池よりも、燃えにくい、急速充電が可能という特徴を有す。

製造工程で、劣化する要因を除くことが、安全性と充電性能の向上に寄与すると期待されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

JST
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220107/index.html

Amazon.co.jp : 全個体電池 に関連する商品
  • 株式取引における量子暗号化適用検証を実施(1月22日)
  • 最先端の電動モビリティイベントが開催される(1月20日)
  • 日本企業のDX推進へ、Sansanが「Contract One」をリリース(1月18日)
  • 交差点の安全監視を最新技術で(1月15日)
  • アンモニアの安定供給について4社が合意(1月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->