ネットベンチャーニュース
2022年12月06日(火)
 ネットベンチャーニュース

AIを活用した熱中症リスクアラートサービスを提供へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























AIを活用した熱中症リスクアラートサービスを提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ禍での熱中症リスクを判定する
2022年7月25日、株式会社アドダイス(以下 アドダイス)は、株式会社トライプロ(以下 トライプロ)に対し、クラウド型人工知能「ResQ AI」(以下 ResQ AI)を用いた熱中症リスクアラートサービスの提供を発表した。

トライプロは、運輸、輸送、倉庫管理を行う会社へ、安全面でのシステムを開発提供する企業であるが、アドダイスのAIを活用することで、より精度の高い熱中症アラートシステムの提供が可能になる。

なお、作業者に腕時計型バイタル測定器を取り付け、心拍数、皮膚温度、血中酸素濃度などのデータを収集し、ResQ AIに送信し、熱中症リスクレベルを判定する。

レベルが高くなった場合には、本人のスマートフォン および 管理者の両方にメールが届くようになっており、熱中症リスクによる対応が可能となる。
熱中症
年々熱中症リスクは高まっている
近年、猛暑日とよばれる日が増えており、熱中症リスクが高まっているが、コロナ禍によるマスク着用にて、よりリスクが高い。

個人で体調管理をしていても、気が付かないうちに重症化するケースも増えており、第三者による監視も必要になっている。

今回は、運輸、倉庫関係者に限定してのサービスになるが、今後は対象を様々な分野に広げることで、リスクを低減することができると期待されている。 

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社アドダイス
https://ad-dice.com/news/pressrelease-resq-ai-heatstroke/

Amazon.co.jp : 熱中症 に関連する商品
  • がん検診をふるさと返礼品で手軽に実施へ(12月1日)
  • ビジネス用電動バイク長距離型を東京都主催イベントで発表へ(11月28日)
  • ヒートアイランドモニタリングに静止衛星を利用し地表温度を測定へ(11月25日)
  • ミリ波センサー活用で高齢者の次世代見守りへ、新技術実証実験がスタート(11月24日)
  • 物品在庫と欠品在庫削減バランスの両立をAIにて検証可能に(11月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->