ネットベンチャーニュース
2022年12月06日(火)
 ネットベンチャーニュース

物品在庫と欠品在庫削減バランスの両立をAIにて検証可能に

国内WEB
海外WEB
新着30件






























物品在庫と欠品在庫削減バランスの両立をAIにて検証可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加
余剰在庫が多ければムダ、欠品が多ければ信用低下
2022年11月16日、株式会社JDSC(以下 JDSC)は、物品在庫と欠品防止を目的とした「JDSC 過剰在庫・欠品削減シミュレーション」の提供開始を発表した。

このシステムは、倉庫などでの在庫数、注文等による引当数、注文の頻度などのデータをインプットしAIで解析するものであり、欠品を生じさることなく、在庫数を適正な数量で管理することが可能としている。

余剰在庫が多ければ何時までも使われないことになりムダであり、欠品が多ければ注文を拒否することと同じになり信用低下につながるため、バランスを取る意味でもJDSCのシステムは有効であると考えられる。
商品在庫
欠品は何があっても許されない現実
製造業、卸売業、小売業において、欠品イコール生産や顧客にとって不都合が生じることになるばかりでなく、信用問題にも発展しかねないため、「欠品は何があっても許されない」といわれる。

しかし、従来のように在庫管理者の経験と勘に頼る方法では、適正在庫を把握するのが非常に難しく、勘違いや忘れによる事故も起きやすい。

これらを解決するために、過去のデータを分析し、AIによる予測を加味することでより精度の高い在庫管理が可能であると考えられる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社JDSC
https://jdsc.ai/news/news-2950/

Amazon.co.jp : 商品在庫 に関連する商品
  • がん検診をふるさと返礼品で手軽に実施へ(12月1日)
  • ビジネス用電動バイク長距離型を東京都主催イベントで発表へ(11月28日)
  • ヒートアイランドモニタリングに静止衛星を利用し地表温度を測定へ(11月25日)
  • ミリ波センサー活用で高齢者の次世代見守りへ、新技術実証実験がスタート(11月24日)
  • 電力スマートメーター通信利用で灯油タンク残量把握が可能に(11月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->