ネットベンチャーニュース
2024年04月22日(月)
 ネットベンチャーニュース

COVID-19重症化メカニズムの原因を解明し、治療方法開発を加速へ

国内WEB
海外WEB
新着30件






























COVID-19重症化メカニズムの原因を解明し、治療方法開発を加速へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
単球細胞腫がCOVID-19重症化に関与していることを発見
2023年4月25日、大阪大学、理化学研究所、慶應義塾大学らの研究グループは、COVID-19患者と健常者合わせて148名の末梢血単核細胞のシングルセル解析を行い、COVID-19重症化のメカニズムを解明したと発表した。

COVID-19重症化には、血液免疫細胞の応答異常が関係しており、特定の単球希少細胞腫が、COVID-19患者では著しく減少し細胞分化不全を起こしていることが判明。

また、特定単球の機能不全が重症化の要因となっていることも確認され、今後の重症化を防ぐ治療方法の確立に向け研究が進むと考えられる。
COVID-19
重症化する原因との因果関係
COVID-19に罹患後、発熱、疲労感や咳などの症状が現れるが、症状改善後にも日常生活に支障をきたす程の倦怠感や味覚障害が続く事例が報告されており、現時点では有効な対応策が無いとされる。

時間が経過すれば自然に改善する人もいる一方で、月単位、年単位で改善しない事例もあり、社会復帰の障害になることも報告されており社会問題との認識され始めた。

今回、後遺症回復を阻害する要因が判明したことで、有効な予防や治療が速やかに行われ、社会復帰も早くなると期待されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

科学技術振興機構JST
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20230425/index.html

Amazon.co.jp : COVID-19 に関連する商品
  • ISOにおける自動運転シナリオを数学的定式化(4月15日)
  • 機微情報を保管した新開発SIMを非対面決済端末に実装(4月15日)
  • 物流におけるグローバル標準倉庫管理システムを拡充(4月10日)
  • 既存光ファイバーを使った実験で、伝送容量の世界新記録を達成(4月8日)
  • 多要素認証サービスに顔認証追加し認証をより安全に(4月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->