おにぎり写真のSNS投稿で社会貢献!FiNCがキャンペーンを開始

海外WEB

おにぎり写真のSNS投稿で社会貢献!FiNCがキャンペーンを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界食料デーを記念したプロジェクトをスタート
法人向けウェルネスサービスやダイエットアプリなど、予防ヘルスケアとAIテクノロジーを掛け合わせ、多種多様な領域のプロフェッショナルを擁して事業を展開するヘルステックベンチャー、株式会社FiNCは5日、10月16日の世界食料デーにあわせ、特定非営利活動法人 TABLE FOR TWO International(以下「TFT」)が展開する「おにぎりアクション 2017」に参画し、特別キャンペーン「FiNCでおにぎりアクション」を開催すると発表した。

この「FiNCでおにぎりアクション」は、TFTの実施する「おにぎりアクション 2017」において、“おにぎり”に関連する写真を撮影し、「FiNC」アプリにスナップ投稿すると、1枚の写真投稿につき、アフリカの子どもたちの給食5食分に相当する100円の寄付がFiNCからなされるというもの。みなで楽しく交流しながら、世界の食料問題を考え、健康で豊かな暮らしを広く実現することを目指す。

FiNCでは、これまでにもTFTと協力し、自社のパーソナルトレーナーAIアプリ「FiNC」を活用したプロジェクトを多数実行してきており、歩けば歩くほど寄付ができるチャリティイベントの「GiFT WALK」や「FiNCウォーク」を開催、今年度トータルで約24万食の寄付を達成した実績がある。

FiNCでおにぎりアクション
おにぎりを食べて歩いて共有しよう!
「FiNCでおにぎりアクション」の開催期間は、2017年10月5日~11月15日。この期間に「FiNC」アプリでおにぎり関連写真の投稿を行うと、1回につき100円、「FiNC」アプリ以外のFacebookやTwitter、InstagramといったSNSで画像を投稿・シェアすると50円が寄付される。

さらに「FiNC」アプリユーザーみなで50万歩のウォーキングを達成するごとに、FiNCから20円の寄付が実施される仕組みともなっており、これらの寄付をもとに世界の子どもたちへと給食が届けられる。

無料の「FiNC」アプリをダウンロードすれば、誰でも参加可能で、写真投稿時には、専用の「おにぎりアクション写真フレーム」を用い、好みのデコレーションを施すこともできる。おしゃれで栄養価の高い、アイデアあふれるおにぎり写真をみなで共有し合えば、飢餓や栄養不足に苦しむ人々の助けにもなる、さらに体を動かせば自らも健康になり、寄付額も増やしていけるという取り組みだ。

「FiNC」アプリは、モデルやアスリート、トレーナー、栄養士など専門家が発信するエクササイズやストレッチ、ヘルシーレシピ、ヨガを紹介する動画コンテンツや、20万件にのぼる食品データベースなど、多様な栄養と運動プログラムを内蔵するほか、個々のユーザーに合った継続できるメニューを提案していくパーソナルトレーナーAI・テクノロジーを搭載したアプリ。

なかなか続かないダイエットや日々の歩数、体重、食事内容、睡眠時間といったライフログの入力・管理をサポートし、楽しみながら目標を達成、キレイや健康を目指せるサービスを提供するものとなっている。

食欲と運動の秋、あなたも参加してみては。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社FiNC プレスリリース
https://company.finc.com/

「FiNCでおにぎりアクション」 特設サイト
https://onigiriaction.finc.com/

Amazon.co.jp : FiNCでおにぎりアクション に関連する商品
  • 「さくらのレンタルサーバ」、無料SSL証明書「Let's Encrypt」簡単設定機能をリリース(10月11日)
  • 日本エイサー、Windows Mixed Reality空間を体験できるヘッドセットを発売へ(10月10日)
  • 「TopicRoom」、手軽で安定的なオンラインビデオ会議機能搭載へ(10月9日)
  • Amazon、プライム会員向け読み放題サービス「Prime Reading」を開始(10月7日)
  • 大切な瞬間はもう撮り逃さない!AI搭載の「Google Clips」(10月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->